世田谷区 | PANDA Chronicle

東京23区南西部にあり都内最大の人口を有する特別区。

馬術競技の拠点となり、人と馬がふれあう「馬事公苑」
日本中央競馬会(JRA)が運営し世田谷上用賀にある「馬事公苑」は1940年9月に開苑。関東の主要な馬術競技会場で、2020年東京オリンピック・パラリンピックの馬術競技会場に決定している。 馬事公苑は1964年の東京オリンピックで馬術競技が行われ、同大会に向けて馬術選手を育成する目的で開設された。敷地面積は東京ドーム4個...
生命の基本を楽しく学べる東京農業大学「食と農」の博物館
世田谷の馬事公園前にあり、東京農業大学の120年以上にも及ぶ教育と研究成果を発信する「食と農」の博物館は2004年3月に開館。設計は木材の使い方が特徴的で“和の大家”と呼ばれる隈研吾。 「食と農」の博物館は日本で初めて私立農学校となる東京農業大学の“見る・聞く・触る”をコンセプトとした体験型博物館。入館料は無料で1階は...
蔦屋家電が凄い!二子玉川ライズ「テラスマーケット」
二子玉川のライズに第2期商業施設「二子玉川ライズ・ショッピングセンター・テラスマーケット」が2015年4月にオープン。設計は日建設計、アール・アイ・エー、東急設計コンサルタント。 1982年から東急電鉄と東急不動産が再開発事業としてスタートした二子玉川ライズが、4月に「ショッピングセンター・テラスマーケット」をオープン...
吉田松陰を祀る世田谷「松陰神社」
学問の神として崇拝を受ける「松陰神社」は江戸時代幕末の思想家・教育者、吉田松陰を祀る神社。創建は1882年(明治15年)11月、現在の御社殿は1927~1928年にかけて造営された。 武士でもあり、明治新政府樹立に活躍した中心人物を育てた吉田松陰を祭神とする松陰神社。吉田松陰が開いた松下村塾では日本初の総理大臣 伊藤博...
伊東豊雄設計の産婦人科医院「東京マザーズクリニック」
胎児ドックと無痛分娩で有名な産婦人科医院「東京マザーズクリニック」は2012年1月に開院。設計は2013年にプリツカー賞を受賞し、せんだいメディアテークが代表作として知られる伊東豊雄。 世田谷の東急田園都市線 用賀駅から徒歩12分程の閑静な住宅街に佇む「東京マザーズクリニック」。国内でも数少ない無痛分娩へのニーズに応え...
緑溢れる「砧公園」とその豊かな自然に佇む「世田谷美術館」
世田谷区の東京都立公園「砧公園」は1957年4月に開園。ゴルフ場だった自然の地形を生かし、芝生広場と樹林で構成されている。公園内の「世田谷美術館」は内井昭蔵の設計で1986年3月に開館。 砧公園は元々、1940年が神武天皇の即位から2600年にあたりその記念行事として都市計画された大緑地。二子玉川・成城学園など閑静な住...