近代建築の最高傑作「バルセロナ・パビリオン」

近代建築の最高傑作「バルセロナ・パビリオン」

1929年のバルセロナ万博でドイツ館として建設された「バルセロナ・パビリオン」は万博終了後に解体されるが1986年6月に再建。設計は20世紀のモダニズム建築を代表するミース・ファン・デル・ローエ。

バルセロナ・パビリオンは3枚の大理石壁とスチール十字型柱にガラスで構成され、装飾がなく極限まで突き詰めたシンプルな建物。閉鎖的な古い建物とは対照的に直線だけで作られた合理的な設計は、モダニズム建築の概念を分かりやすく実現している。室内のガラススクリーンは床から天井まで継ぎ目の無い1枚で、外部と内部との境界を意識させない。ガラスに映り込む光や水が見事に調和され視界を楽しませる。
エントランスは大きな大理石が視界を遮る

エントランスは大きな大理石が視界を遮る

シンプルな空間にバルセロナチェアがよく似合う

シンプルな空間にバルセロナチェアがよく似合う

11月にしては気温はかなり寒いが、天気も晴れて絶好の建築巡り日和。モンジュイックの丘の入り口、スペイン広場からカタルーニャ美術館の方向へ約500mほど歩いた所にあるバルセロナ・パビリオンへ。3日前にジャン・ヌーヴェルのアラブ世界研究所を見て感動したため、近代建築の傑作でミース・ファン・デル・ローエ記念館とも呼ばれる作品に期待が高まる。早速外にいるスタッフへ5ユーロを渡して見学開始。

建物は高さ1.5mほどの目の粗い大理石上に建てられ、玉石を敷いた浅い水盤がかなりの面積を占める。この水盤を切り取ったかのような1枚の大きな屋根と床に挟まれた水平面に内部空間がある。広場の壁・床・ベンチはイタリアの大理石トラバーチンが使用され、床は仕切りがなく建物内まで続いている。水平・垂直のみの極めて単純な構造だが、水盤越しに全体を見渡すシンプルな佇まいは美しく色気さえ感じさせる。
大理石・ガラス・鉄で構成されている

大理石・ガラス・鉄で構成されている

壁の上に乗る1枚の屋根が特徴的

壁の上に乗る1枚の屋根が特徴的

室内は色の付いたガラスが光をコントロールし、濃い壁と黒いカーペットが明るさを抑える効果を引き出す。スペイン国王夫妻を招いて調印式だけを行う目的で建てられたため、照明など何も無い代わりに壁の力強さや柱の繊細さがより強調される。中でも特に存在感があるのは中央の赤い瑪瑙の大理石壁と、唯一の曲線物として優美な品格を醸し出す白いバルセロナチェア。有名なチェアもこのパビリオンのために作られた。

敷地内の一角にはミース関連の書籍・グッズを揃えたショップがあり、使うのが勿体無いほど格好いいマウスパッドを購入。最後は休憩しながら外壁のベンチに座り、目の前の水盤や景色・建物を眺め目に焼き付ける。ミースの初心が結集し、近代建築の礎となるものを見学できた充実感と柔らかい日差しがとても心地良い。
ミースの本やグッズ中心のミュージアムショップ

ミースの本やグッズ中心のミュージアムショップ

バルセロナ・パビリオン/Barcelona Pavilion

住所
Avenida Francesc Ferrer i Guàrdia, 7, 08038 Barcelona, España < 地図を表示 >
Tel
+34 934 23 40 16
設計
ミース・ファン・デル・ローエ(ドイツ)
公式サイト
Fundacio Mies van der Rohe