モダニズム建築の始祖にして至高の建物、「サヴォア邸」

モダニズム建築の始祖にして至高の建物、「サヴォア邸」

近代建築史上最も有名な建築の一つとして、中世の香り漂うパリ郊外のポワシーにある「サヴォア邸」は1931年に完成。設計はスイス出身の建築家で近代建築三大巨匠の一人、ル・コルビュジエ。

サヴォア邸は保険会社のオーナー、ピエール・サヴォアが週末を過ごすための住居として建てられた。施主からは最小限の要望と予算以外は自由に任され、設計したコルビュジエが当時の伝統建築に対抗するために提唱した近代建築の5原則「ピロティ(1階部分が柱だけの外構空間)/屋上庭園/自由な平面/ 水平連続窓/自由な立面」をすべて取り入れている。直線と曲線の巧みな組み合わせに内部・外部空間の豊かな表情など、建築史の決定的な転換期として重要な役割を果たした建物。
オブジェのように芝生の上に置かれている建物

オブジェのように芝生の上に置かれている建物

螺旋階段の曲線とスロープの直線が美しいエントランスホール

螺旋階段の曲線とスロープの直線が美しいエントランスホール

モダニズム建築の原点で傑作と言われるサヴォア邸を見るために、パリのナシオン駅からRER(首都圏高速鉄道)A線を利用して30分程でポワシー駅へ。南口からバスが出ているが待ち時間の間に着くため、20分ほど歩いて最後は緩やかな坂を上ると白いフェンスが視界に入る。裏口のようなフェンスが入り口で木の茂る小道を歩くと芝生一面の広い敷地に白い建物、念願のサヴォア邸に到着。

まずは芝生の感触を確かめるようにゆっくり歩き、色々な角度から外観を眺める。1階は柱がメインで建物が宙に浮かんでいるように見え、柱と外壁のスペースが広く取られているのは車寄せとしての機能も備えている。エントランスホールは円形のガラス張りで明るく、入ってすぐに地下1階~屋上までをつなぐ螺旋階段と2階へのスロープが左右にあり、建物内のアプローチをより豊かにする。
2階リビングのコルビュジエ・チェア

2階リビングのコルビュジエ・チェア

リビングから見渡す屋外テラス

リビングから見渡す屋外テラス

2階のリビングは住居のメインにふさわしく、大きなガラスに贅沢な広さでとても開放的。壁側にある連続した横長の窓も空間の透明度を高める効果を引き出し、コルビュジエ・チェアに座りながら雰囲気を楽しむ。リビング以外にはサヴォア夫妻の主寝室と息子の部屋、ゲストルーム、キッチン、バスルームなどの生活空間で構成され、シンプルでありながら収納などで巧みに仕切られている。

最後はリビングへ戻り屋外テラス・庭園へ。「内側と外側との境界線を消す」というコンセプトを体現した空間は、散歩道としても重要な役割を果たし家に居ながらにして空と緑をつなぐ非日常的な楽しさも演出している。どの空間も素晴らしく、約80年前の建築でありながら現代的な美しさで今でも十分魅力的なサヴォア邸。このようなモダニズム建築の傑作に触れられたことを嬉しく思う。
白いタイルの棚と壁で統一されたキッチン

白いタイルの棚と壁で統一されたキッチン

サヴォア邸/Villa Savoye

住所
82 Rue de Villiers, 78300 Poissy, France < 地図を表示 >
Tel
+33 1 39 65 01 06
設計
ル・コルビュジエ(スイス/フランス)
公式サイト
Villa Savoye a Poissy