1歩先のデザインを目指し発信する「21_21 DESIGN SIGHT」

1歩先のデザインを目指し発信する「21_21 DESIGN SIGHT」

日常的な出来事などに改めて目を向け、デザインの視点から提案・発信する「21_21 DESIGN SIGHT」は2007年3月に開館。巨大屋根や日本最長の複層ガラスなど建築技術を結集した設計は安藤忠雄。

21_21 DESIGN SIGHTはデザインの現状・制作現場をよく知るデザイナー、三宅一生(服飾)・佐藤卓(グラフィック)・深澤直人(プロダクト)がディレクターとなり、アソシエイトディレクターの川上典李子と共に企画を担当。訪れる人がデザインについて表層を飾るものだけではなく、その背景について考え・楽しみながら鑑賞・体験できるデザイン専門施設。「日常」をテーマにした展覧会を中心に、トークやワークショップなど多角的なプログラムを開催して、デザインの新しい未来を切り拓いている。
地面に向かって傾斜している独創的な屋根

地面に向かって傾斜している独創的な屋根

シンプルなロゴに控えめな入り口

シンプルなロゴに控えめな入り口

安藤建築を求めて六本木を代表する観光地「東京ミッドタウン」の敷地内、芝生エリアに佇む「21_21 DESIGN SIGHT」へ。名称は「トゥーワン・トゥーワン・デザインサイト」と読み、由来は英語で優れた視力のことを「20/20 Vision(Sight)」と表すことから、デザインはさらに1歩先を目指す意味を込めてつけられている。水色のロゴプレート「21_21」は住所表示板のようなデザインでコンクリートによく映える。

建物は折り曲げられた巨大な鉄板の屋根が地面に向かって傾斜しているのが特徴で、三宅一生の「一枚の布」に対する思想が反映されている。平屋に見える構造も大半が地下にあり地下1階地上1階の低層建築で、背後に立ち並ぶヒマラヤ杉が隠れないよう周辺環境にも配慮している。地上はエントランスにギャラリーとショップ、地下は2つのギャラリーとサンクンコート(地下の庭)で構成され思った以上に広くて明るい。
左:レストラン「カノビアーノ カフェ」/右:ギャラリー

左:レストラン「カノビアーノ カフェ」/右:ギャラリー

スリットがアクセントの建物裏側

スリットがアクセントの建物裏側

開催中の企画展は「テマヒマ展(東北の食と住)」。文字通り手間暇かけた東北のものづくりについて、穏やかで粘り強く淡々と繰り返される手作業など映像を交えて紹介されている。何気なく一般の店舗で購入できるものでも、制作過程や東北の背景を知ることで今までと全く違う見方になる。伝統あるものは正しく受け継ぎ、さらにこの先どう繋げていくのか考えさせられる展覧会。(会期は2012/4/27~8/26まで)

企画展を鑑賞した後は併設しているイタリア料理のレストラン「カノビアーノ カフェ」へ。バター・生クリームなどの動物性脂肪を使用しない料理が特徴で、安藤建築を楽しみながらゆっくり食事ができる。時間に余裕があれば敷地内のグリーン&パークで散歩をしたり、東京ミッドタウンの中に入って「都心の上質な日常」をコンセプトとしたファッションやインテリア&デザインショップを覗くのも素敵。
低層の21_21とは対象的に都内一高いビルの東京ミッドタウン

低層の21_21とは対象的に都内一高いビルの東京ミッドタウン

21_21 DESIGN SIGHT

住所
〒107-6290 東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ガーデン内 < 地図を表示 >
Tel
03-3475-2121
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
21_21 DESIGN SIGHT

スポンサーリンク