緑あふれる砧公園とその豊かな自然に佇む世田谷美術館

緑あふれる砧公園とその豊かな自然に佇む世田谷美術館

世田谷区の東京都立公園「砧公園」は1957年4月に開園。ゴルフ場だった自然の地形を生かし、芝生広場と樹林で構成されている。公園内の「世田谷美術館」は内井昭蔵の設計で1986年3月に開館。

砧公園は元々、1940年が神武天皇の即位から2600年にあたりその記念行事として都市計画された大緑地。二子玉川・成城学園など閑静な住宅街にほど近く東に環八通り、南に東名高速と大きな通りに面している。東京ディズニーランドを一回り小さくした広さで、ゆるやかな起伏の芝生エリアは家族で楽しむのに最適。サイクリングやジョギングができる専用コースもある。園内には世田谷美術館やレストラン、野球場、ミニサッカー場、売店など施設も充実しているため休日は多くの人で賑わう。
アスレチック広場東側の斜面にあるバラ園

アスレチック広場東側の斜面にあるバラ園

広大な敷地で遊ぶスペースも十分

広大な敷地で遊ぶスペースも十分

緑の公園を求め久しぶりの砧公園へ。天気が良く、新緑の木々・芝生が綺麗で絶好の散歩日和。公園東側の入り口には薔薇が満開で甘い香りが漂う。薔薇園は秋も咲き、青空コンサートや動物フェスティバルなど1年を通じて様々なイベントも催される。大通り沿いにある公園だが少し奥に進めば騒音も聞こえず、ひなたぼっこと森林浴でリラックスすることができ都会にいることを忘れてしまう。

薔薇園の近くには、子どもたちに人気のアスレチック広場と未就学児限定のわくわく広場もある。自転車やペットが入れないファミリーパーク内は広大な芝生でまったりするのはもちろん、春には1,000本近い桜やソメイヨシノが咲き乱れる花見スポット。さらに多摩川支流の一つ「谷戸川」が園内に流れ、小さいながらも本格的な吊り橋もあり、さながら“砧渓谷”と呼びたくなる一面も。
美しい緑に囲まれた世田谷美術館

美しい緑に囲まれた世田谷美術館

凹凸のある外壁が特徴

凹凸のある外壁が特徴

世田谷美術館は“芸術とは何か”をテーマにプログラムや企画展を楽しめる。内井昭蔵が設計した建物外壁は、正方形に凹凸のあるコンクリートの表情が特徴的。作品は近現代アートを中心に世田谷ゆかりの作家のコレクションも積極的に収集し、芸術に触れられるワークショップなども開催。また美術館の隣には結婚式もできるフランス料理のレストラン「ル・ジャルダン」も併設している。

お目当ては世田谷美術館内の「SeTaBi Cafe (セタビカフェ)」。そば粉を使用したガレット&クレープがおすすめ。甘いものが食べたかったため、チョコレートクレープにアイスをのせて美味しくいただく。テラスはアクアウォールもあり雰囲気が良く、いつでも座ることができる穴場カフェ。
アイスのせのチョコレートクレープ

アイスのせのチョコレートクレープ

砧公園/Kinuta Park、世田谷美術館/Setagaya Art Museum

住所
〒157-0075
「砧公園」東京都世田谷区砧公園1-1 < 地図を表示 >
「世田谷美術館」東京都世田谷区砧公園1-2 < 地図を表示 >
Tel
「砧公園」03-3700-0414、「世田谷美術館」03-3415-6011
設計
「世田谷美術館」内井昭蔵(日本)
公式サイト
砧公園世田谷美術館