世界に誇る葛飾北斎の魅力を発信!「すみだ北斎美術館」

世界に誇る葛飾北斎の魅力を発信!「すみだ北斎美術館」

江戸時代後期に浮世絵師として西洋画家に多大な影響を与え、現在も世界的に評価の高い葛飾北斎の作品や魅力を伝える「すみだ北斎美術館」は2016年11月に開館。設計は日本を代表する建築家の妹島和世。

墨田区は葛飾北斎生誕の地で、生涯の殆どを区内で過ごしながら優れた作品を数多く残した。ゆかりの深い土地に建てられた「すみだ北斎美術館」は北斎と門人の作品を国内外に発信し、イベントや多彩な分野とのコラボレーションを実現することで地域活性化の拠点となることを目指す。建物は地下1階から地上4階の5フロアに、常設・企画展示室、講座室、図書室、ミュージアムショップなどの施設で構成されている。
緑町公園北側から望む外観

緑町公園北側から望む外観

三角形のスリットがガラス面となるアプローチ

三角形のスリットがガラス面となるアプローチ

妹島和世が設計した墨田区のモダンな建築を見るために電車で都営線の両国駅へ。北斎通りを東へ5分ほど歩くと緑町公園の敷地内南側に建つ「すみだ北斎美術館」へ到着。外観は全面アルミパネルで覆われ、三角形のスリットが天へ地へと貫きかなりのインパクト。建物の裏を設けず周囲のどこからでもアプローチできる導線は、SANAA設計の金沢21世紀美術館と同じコンセプトで気軽に立ち寄ることができる。

1階でチケットを購入後、エレベーターを使用して4階の常設展示へ。所蔵作品は北斎作品収集家・研究家のピーター・モースによるコレクション(約600点)が中心となり、“すみだ”と北斎の繋がりから各期の代表作を北斎の生涯と共に紹介している。作品鑑賞以外にもタッチパネルで北斎漫画「北斎絵手本大図鑑」などを楽しみ、浮世絵についても理解を深めることができる。リアルな北斎アトリエの再現模型も必見。
北斎と娘(阿栄)の手元が動く模型

北斎と娘(阿栄)の手元が動く模型

無料で利用できるミュージアムショップ

無料で利用できるミュージアムショップ

本来であれば常設展隣の展示室から3階にかけて企画展を鑑賞できるが、今回は残念なことに準備中のため次の機会に。4階のスリットが入った展望ラウンジで、スカイツリーや墨田区の景色を眺めてから1階エントランスに設置されたミュージアムショップへ。図録はもちろん北斎の作品をモチーフとしたここでしか買えないオリジナルグッズや、お土産に丁度よいお菓子など日本らしいデザインで多数取り揃えている。

1階はアプローチを挟んで講座室と図書室もあり、講座室ではパブリックスペースとして映像上映やワークショップから落語まで様々なイベントを開催している。アメリカのライフ誌が「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」に選んだ唯一の日本人、葛飾北斎。海外の人気も当然高くこの日も多くの外国人観光客が来館していたが、今後墨田区と共にどのように発展していくのか注目していきたい。
文化振興のため貸出も行う講座室

文化振興のため貸出も行う講座室

すみだ北斎美術館/The Sumida Hokusai Museum

住所
〒130-0014 東京都墨田区亀沢2-7-2 < 地図を表示 >
Tel
03-5777-8600(ハローダイヤル)
設計
妹島和世(日本)
公式サイト
すみだ北斎美術館

スポンサーリンク