安藤建築と芸術・文化が集う仙川「安藤ストリート」

安藤建築と芸術・文化が集う仙川「安藤ストリート」

調布市仙川駅近くの松原通り沿いに安藤忠雄の建築が立ち並ぶ、通称「安藤ストリート」。美術館・劇場・商業施設・集合住宅の6棟が2004年5月~2012年3月にかけて建てられ、美しい街並みを創り出している。

安藤ストリートは総合文化芸術を推進するエリア「ACT+(アクトプラス)地区」にあり、都市道路計画により分断された敷地の再生を地主が安藤忠雄に託して実現した。2004年5月の「シティハウス仙川」を皮切りに同年10月に「東京アートミュージアム」、11月に「仙川アヴェニュー・アネックスII」が竣工。2007年6月に「仙川デルタ・スタジオ」、12月には複合施設の「せんがわ劇場」「ふれあいの家(集会所)」「仙川保育園」が完成。2012年3月には最後の6件目「シティハウス仙川ステーションコート」が建てられた。
全長500mに及ぶ「安藤ストリート」

全長500mに及ぶ「安藤ストリート」

スリットから光が差し込む「東京アートミュージアム」

スリットから光が差し込む「東京アートミュージアム」

晴天が続くGWのこどもの日に、甲州街道(国道20号)から仙川駅東側の整備された松原通りにある安藤ストリートへ。先ずは一番南にある3階建ての賃貸オフィス「仙川アヴェニュー・アネックスII」からスタート。両壁はコンクリートの打ち放しだが、曲線の屋根とそれを支える支柱には鉄材が使用され安藤建築では珍しいタイプ。当然中に入ることはできないため、続けて「東京アートミュージアム」へ。狭小の三角地に建てられたコンクリートの打ち放しの外観に、縦横のスリットがあり安藤ストリートの中でも一番“らしい”建物。

開館と同時に中に入りセルゲイ・チョーバン建築ドローイング展「凍てついた音楽の夢」を観る。(会期は2018/4/7~6/24まで)館内は三層吹き抜け空間中央に階段が設けられ、トップライトとスリットから照明が要らないほどの光が差みとても明るい。作品を正面だけではなく階段から角度を変えて眺められるのも良い。向かいには幾何学的な構造で総戸数61戸の「シティハウス仙川」があり、独特の世界観を醸し出している。
1階には店舗が並ぶ「シティハウス仙川」

1階には店舗が並ぶ「シティハウス仙川」

舞台芸術の拠点を担う「せんがわ劇場」

舞台芸術の拠点を担う「せんがわ劇場」

東京アートミュージアムの北側には、白色のガラスファサードが連なる複合施設「せんがわ劇場」「ふれあいの家(集会所)」「仙川保育園」が隣接している。ふれあいの家はせんがわ劇場と同じエントラスから入り3階に、保育園は裏側に正門がある。せんがわ劇場は小規模・ホール単体施設の特徴を活かし、舞台芸術を楽しむ市民の育成や地域活性化と調布市のブランド力を高める発信地となっている。

さらに北へ歩くと長く続くコンクリート壁に薄型の「仙川デルタ・スタジオ」、総戸数91戸の「シティハウス仙川ステーションコート」が建っている。仙川デルタ・スタジオに入っている「たまひよの写真スタジオ」を利用したことがあるが、中は自然光で明るく外観よりも広く感じられた。安藤ストリートは仙川のメイン商店街「ハーモニータウンせんがわ」に比べ、美術館・劇場など大人の街として楽しめる対比が面白い。
コンクリート壁が特徴的な「仙川デルタ・スタジオ」

コンクリート壁が特徴的な「仙川デルタ・スタジオ」

安藤ストリート(東京アートミュージアム)/Ando Street(Tokyo Art Museum)

住所
〒182-0002 東京都調布市仙川町1-25-1 < 地図を表示 >
Tel
03-3305-8686
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
東京アートミュージアム

スポンサーリンク