個性的な展覧会で現代アートを牽引する「東京都現代美術館」

個性的な展覧会で現代アートを牽引する「東京都現代美術館」

現代アートを魅力溢れるメッセージで伝え、開かれた美術館を目指す「東京都現代美術館」は1995年3月に開館。設計は新国立劇場や東京オペラシティなど、公共建築を多数手がける柳澤孝彦(TAK建築)。

東京都現代美術館が所蔵している約5,000点のコレクションは、常設展示「MOTコレクション」展として活用され、話題性や親近性の高いテーマで多角的に紹介。大規模な国際展や特色のある企画展も開催し、ファッション・デザイン・建築・アニメなど幅広いジャンルをカバーしている。建物は日本最大級の大きさを誇り、映像ギャラリーや無料で利用できる美術図書室、レストラン・カフェ・ショップなど各施設も充実。
若手アーティストの個展などが開かれるパヴィリオンも併設

若手アーティストの個展などが開かれるパヴィリオンも併設

全面ガラス張りのエントランス

全面ガラス張りのエントランス

俳諧師 松尾芭蕉ゆかりの地で、深川丼(めし)が有名な江東区深川の近くにある「東京都現代美術館」。清澄白河駅からゆっくり歩いて15分程で到着。エントランスが特徴的で複数の穴が開いた壁と三角形の柱が連なり、奥行きは140mとかなり長い。ロビーにある鮮やかな色の特注ソファは、“人を駄目にするソファ”として有名。低反発で身体を包み込むような感触は、一度座ると立ち上がりたくないくらい心地よい。

開催中の展覧会は「館長 庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」。エヴァンゲリオンで有名な庵野秀明が、デジタル技術の発達に伴い散逸されつつあるミニチュアやデザイン画などの技術・魂を伝える。中でもスタジオジブリ最新特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」は圧巻の一言。「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵が現代社会を崩壊する内容は、CGではなくすべてミニチュアによる特撮で制作されている。
精工にできたミニチュア

精工にできたミニチュア

特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」で使用された東京タワー

特撮短編映画「巨神兵東京に現わる」で使用された東京タワー

展示コーナーの最後は、唯一写真が撮れる特撮スタジオ・ミニチュアステージ。先程見た巨神兵やゴジラなど様々な特撮映画で使用されたミニチュアが集められている。写真の撮り方次第では本物と見分けもつかないほど精工な作りで愛着も感じられる。出口手前のショップでは特撮展関連グッズや巨神兵figmaから書籍やBD映像などお宝が勢揃い。究極のウルトラマンが7万円もしていた…。(会期は2012/7/10~10/8まで)

熱気に溢れた展覧会を抜けた後は地下のサンクンガーデンで一休み。屋外だが水が張られ思いのほか涼しく、かなりお気に入りの空間。そのままコントンレストランでオムライスを美味しく頂く。最後はミュージアムショップでお土産を購入したが、常設展をゆっくり鑑賞できなかったため近いうちに再訪したい。
夏でも涼しく居心地の良いサンクンガーデン

夏でも涼しく居心地の良いサンクンガーデン

東京都現代美術館/Museum of Contemporary Art Tokyo

住所
〒135-0022 東京都江東区三好4-1-1 < 地図を表示 >
Tel
03-5245-4111
設計
柳澤孝彦(TAK建築/日本)
公式サイト
東京都現代美術館

スポンサーリンク