光が降り注ぎ自然と一体化した「軽井沢千住博美術館」

光が降り注ぎ自然と一体化した「軽井沢千住博美術館」

滝のシリーズが有名な美術作家、千住博の個人美術館「軽井沢千住博美術館」は2011年10月に開館。設計は先鋭的なデザインと、妹島和世とのユニット「SANAA」でも活躍している西沢立衛。

軽井沢千住博美術館は周囲の自然や地形と一体となるガラス張りの建物で、館内は明るく開放的。千住博が1978年から制作した作品を約100点収蔵・展示している。美術館には珍しく起伏の地形をそのまま活かした緩やかな傾斜も、目線を変えれば作品だけではなく四季折々のカラーリーフの樹々や草花を楽しめる。千住博が閉鎖的ではなく今までにない美術館を希望して、設計に西沢立衛を指名。
エントランスへのアプローチ

エントランスへのアプローチ

通路だけではなく敷地全体に広がるカラーリーフガーデン

通路だけではなく敷地全体に広がるカラーリーフガーデン

直島へ旅行に行く途中、西沢立衛の建築を見るために軽井沢千住博美術館へ。建物は元の自然地形をそのまま活かし、床・壁・天井(屋根)それぞれが曲線を多用している。床面傾斜の高低差は3.5mほどあり、美術館全体が森へのアプローチになっているイメージで、軽井沢の自然と千住博の作品が調和している。館内の所々には展示用の壁が林立して、ベンチに座りながらゆっくり鑑賞できる。

千住博は東京やニューヨークを拠点として活動し、1995年にヴェネツィアビエンナーレ絵画部門で名誉賞(最高賞)を受賞。代表作は「ウォーターフォール」という墨とエアーブラシで表現した滝の作品で、日本画の新しい形が現代アートとして国際的に評価された。美術館はその滝の作品を中心に展示しているが、実際に向かい合うと滝の音が聞こえ水しぶきを浴びているような迫力に圧倒される。
オフィス(左)も美術館同様のデザイン

オフィス(左)も美術館同様のデザイン

企画展・イベントを行うギャラリー

企画展・イベントを行うギャラリー

館内を奥に進むと幻想的な空間が待ち構え、閉ざされた特別室に滝の作品「ナイトフォール」が通常の光とブラックライトに交互に照らされ、メインフロアとは全く異なる雰囲気。千住博の世界に浸った後は外に出て、約6万株の樹々や草花が覆い尽くしているカラーリーフガーデンを楽しみながら散策できる。様々なジャンルの企画展やイベントを行っているギャラリーも併設してる。

最後は隣接しているカフェ・ショップ棟へ。設計は安井秀夫アトリで美術館の丸みとは対照的に直線で奇抜なデザインが面白い。ショップでは千住博のオリジナルグッズや雑貨が購入できる。ベーカリー・カフェ「ブランジェ浅野屋」もあり惣菜3種とスープ、パンとドリンクが付く「デリプレート」がおすすめ。軽井沢千住博美術館は美しい環境の中で、至福の時間を過ごせる素晴らしい美術館。
安井秀夫アトリエ設計のカフェ・ショップ棟

安井秀夫アトリエ設計のカフェ・ショップ棟

軽井沢千住博美術館/Hiroshi Senju Museum Karuizawa

住所
〒389-0111 長野県北佐久郡軽井沢町長倉815 < 地図を表示 >
Tel
0267-46-6565
設計
西沢立衛(日本)
公式サイト
軽井沢千住博美術館