ブリューゲル傑作のバベルの塔が来日!上野「東京都美術館」

ブリューゲル傑作のバベルの塔が来日!上野「東京都美術館」

都民のための美術の振興を図る目的で都が設置し、上野恩賜公園内にある日本初の公立美術館「東京都美術館」は1975年9月に開館。設計はモダニズム建築の旗手として日本建築界をリードした前川國男。

東京都美術館の歴史は古く、1926年5月に東京府美術館として開館。来館者や使用団体の増加に対応するために現在の建物へ改築したのが、巨匠ル・コルビュジエのアトリエで学んだ前川國男。さらに2012年4月には35年慣れ親しんだ前川建築の佇まいを残しつつ、設備の全面リニューアルやユニバーサルデザインの整備にレストラン・ショップなどの充実を図り大規模改修工事を実施した。レンガ色の外観が特徴的だが外壁はレンガではなくタイルで造られ、“トビカン”の愛称で親しまれている。
エントランスは地下へ下りる

エントランスは地下へ下りる

「バベルの塔」展が開催されている企画棟

「バベルの塔」展が開催されている企画棟

16世紀のネーデルラント絵画を代表するピーテル・ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」が24年ぶりの来日となり特別展の『ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 16世紀ネーデルラントの至宝 -ボスを超えて-』を観るために東京都美術館へ。本格的なGW前日ということもあり美術館や博物館が密集する上野恩賜公園はかなりの人出で賑わい、東京都美術館も開門前には長蛇の列となっていた。

開館後はチケットを購入するために地下のエントランスへ。館内はインド砂岩により温かみのあるピンク色のかまばこ天井が各所に見られ、照明のあかりと共に柔らかい印象を与える。「バベルの塔」展は地下1階のネーデルラント美術の軌跡を辿る内容から始まり、1階はヒエロニムス・ボスとブリューゲルの版画が数多く展示されている。「バベルの塔」は最上階の2階にあり、縦59.9×横74.6cmというサイズにも関わらず約1,400人もの人物が繊密に描かれ、巨大な塔を画面一杯に配置された壮大なスケールにただただ圧倒される。さらに3DCGで再現した映像や、実物を300%拡大した複製画も楽しめる。(会期は2017/4/18~7/2まで)
エントランスとミュージアムショップ(右側)

エントランスとミュージアムショップ(右側)

公募棟休憩室のカラフルな椅子

公募棟休憩室のカラフルな椅子

東京都美術館の常設展示は屋外の12作品だけとなり、正門から広がるエスプラナードに展示されたステンレス製の球体で井上 武吉の「my sky hole 85-2 光と影」は同美術館のシンボル。立方体の建物が連なる公募棟では公募団体やグループの展示が開催されこちらも見応え十分。日が沈んだ後の公募棟は各棟のテーマカラー、赤・緑・黄・青色の壁がライトアップで夕闇に浮かび上がりとても綺麗な表情を見せてくれる。

鑑賞後はミュージアムショップで買い物をして、カフェやレストランで企画展とのコラボメニューを楽しむことができる。さらにこの美術館生みの親、佐藤慶太郎のアートラウンジでフィン・ユールやイブ・コフォード・ラーセンらがデザインした椅子で美術情報を閲覧・検索して一休み。今後もボストン美術館の至宝展やゴッホ展など、世界の名作に出会える展覧会が予定されているため必ず再訪したいと思う。
北欧デザインの椅子でゆったりできるアートラウンジ

北欧デザインの椅子でゆったりできるアートラウンジ

東京都美術館/Tokyo Metropolitan Art Museum

住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園8-36 < 地図を表示 >
Tel
03-3823-6921
設計
前川國男(日本)
公式サイト
東京都美術館

スポンサーリンク