現代アートと美術館カフェの草分け的存在「原美術館」

現代アートと美術館カフェの草分け的存在「原美術館」

北品川の閑静な住宅街で、様々なジャンルの現代アートを積極的に展示する「原美術館」は1979年12月に開館。設計は東京国立博物館や銀座和光(旧服部時計店)などを手掛けた渡辺仁。

原美術館は元々、東京ガス会長や日本航空会長などを歴任した実業家・原邦造の私邸として1938年に建造された。戦後にはGHQにより取り壊されそうになるが、頑丈なレンガ造りだったこともあり奇跡的に回避。その後改築により絵画・彫刻・インスタレーションなど、様々な現代アートを紹介する美術館となった。その他には講演会や音楽・パフォーマンスなどの各種イベントも実施。中庭の「カフェ ダール」は都会にいることを忘れてしまうほどゆったりした空間で、お茶や軽食が楽しめる。
昭和レトロな外観がとても可愛らしい

昭和レトロな外観がとても可愛らしい

庭には多田美波、関根伸夫などの作品を設置している

庭には多田美波、関根伸夫などの作品を設置している

カフェが素敵な美術館と雑誌で紹介されていたことを思い出し、3連休の最終日に原美術館へ。20世紀初頭のヨーロッパ建築様式(アールデコ)を取り入れたモダンな建物は雰囲気がとても良い。アールデコとは幾何学的図形(三角形や方形)など、単純で直線的な装飾美術を指す。外壁の白いモザイクタイルに歴史を感じる手すりや床など、昭和の建築としても貴重でそれ見たさに訪れる人が多い。

企画展は「ハラ ドキュメンツ9 安藤正子―おへその庭」が開催。安藤正子は愛知県出身の作家で、奈良美智や杉戸洋なども師事した櫃田伸也(ひつだ のぶや)の元で絵画を学び、独特の画力が高く評価されている。作品は鉛筆画9点と油彩画10点の計19点が展示。特に油彩画は丹念に時間をかけて制作しているため、どれも精緻な描写に思わず見入ってしまう。(会期は2012/7/12~8/19まで)
年季が入った階段を一歩一歩踏みしめる

年季が入った階段を一歩一歩踏みしめる

作品や中庭を眺めながらまったりできる「カフェ ダール」

作品や中庭を眺めながらまったりできる「カフェ ダール」

常設作品は海外の巨匠ジャン=ピエール レイノーや、イサム ノグチ、奈良美智など国内でもお馴染みの作品を展示。鑑賞後はお目当てのカフェへ。芝生の中庭に面した「カフェ ダール」は1985年にオープン、1988年には現在の広さへリノベーションをしている。今となっては美術館にカフェが併設しているのは当たり前だが、当時は珍しく美術館カフェの草分け的存在として知られている。

メニューは企画展の作品に合わせたイメージケーキが人気で、芝生に展示している作品を眺めながらまったりと過ごす。美術館入口の隣りにあるミュージアムショップは、企画展関連グッズから人気アーティストやオリジナルまで豊富な品揃え。群馬県渋川市の伊香保グリーン牧場内に建てられた別館「ハラ ミュージアム アーク」は、磯崎新設計の美術館でこちらも機会があればぜひ訪れたい。

※原美術館は2020年12月に閉館予定。
カフェから鑑賞できる作品

カフェから鑑賞できる作品

原美術館/Hara Museum

住所
〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-25 < 地図を表示 >
Tel
03-3445-0651
設計
渡辺仁(日本)
公式サイト
原美術館