人間本来の感覚を再確認できる「養老天命反転地」

人間本来の感覚を再確認できる「養老天命反転地」

美術家・荒川修作と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズによる構想を体験型芸術庭園にした「養老天命反転地」は1995年10月に開園。全部で10個のパビリオンがユニークなテーマで五感を刺激する。

養老天命反転地は「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」のフィールドで構成され、岐阜県の名瀑「養老の滝」を中心とした養老公園内にある。建物や地面の起伏が不規則で、平衡感覚や遠近感を揺さぶって不安定さを楽しむのが目的。平らな場所は殆どないため、足元はスニーカーで身軽な服装がおすすめ。
天井まで迷路で床も傾斜している「養老天命反転地記念館」

天井まで迷路で床も傾斜している「養老天命反転地記念館」

登ることができるが注意が必要な「昆虫山脈」

登ることができるが注意が必要な「昆虫山脈」

以前から怪我人が出ると聞いていた謎の庭園へ。12月で雪もぱらつく寒い日で来場者は少ない。まずは「養老天命反転地記念館(養老天命反転地オフィス)」へ。とてもカラフルで建物の中はオフィスなのに迷路で天井も迷路。そしてトイレには卓球台と思考回路が既に正常ではなくなりそう。。。実際にオフィスとして使用していないのが残念。外に出ると岩が無造作に積まれた「昆虫山脈」。頂上にはくみ上げポンプがあり、水を求めて上る姿を昆虫になぞらえている。

次はメインパビリオンの一つ「極限で似るものの家」。岐阜県を屋根に見立てたのが特徴でハウルの動く城を彷彿させる。注意事項に「中に入ってバランスを失うような気がしたら、自分の名前を叫んでみること。他の人の名前でもよい」と…。ソファや家具の配置が迷路のような壁にめり込んでいる。天井は1階を反転させ、もはや錯覚というより混乱を楽しむ世界。さすがに叫ぶことはなかったけど。
通路や家具の配置が無視された「極限で似るものの家」

通路や家具の配置が無視された「極限で似るものの家」

「楕円形のフィールド」から濃尾平野を見下ろす

「楕円形のフィールド」から濃尾平野を見下ろす

もう一つのメイン「楕円形のフィールド」。まずは1人分の通路がある外壁を通って終点へ。濃尾平野を見下ろすことができ、この施設唯一?の爽快感。晴れた日であれば名古屋駅のツインタワーを見ることができる。帰りも同じ通路ですれ違うためお互いが無意識に言葉を交わし、バンザイをしながら譲り合うのが面白い。

さらにフィールドは巨大なすり鉢状になっていて、25mの高低差で歩くのも大変。洞窟のような穴があり入ってみると中は真っ暗で、奥に進むと日本列島の光が見える。一回りするとすでに2時間以上経過していた。平坦な道になれた体には刺激的で、子供はもちろん大人でも普段使わない感覚を駆使するのが楽しい庭園。
門には見えない門「不死門」

門には見えない門「不死門」

養老天命反転地/Site of Reversible Destiny

住所
〒503-1267 岐阜県養老郡養老町高林1298-2 養老公園内 < 地図を表示 >
Tel
0584-32-0501
設計
荒川修作(日本)、マドリン・ギンズ(アメリカ)
公式サイト
養老公園:養老天命反転地

スポンサーリンク