新しい世代へ映画を伝える「シネマテーク・フランセーズ」

新しい世代へ映画を伝える「シネマテーク・フランセーズ」

映画作品の保存、修復、配給を目的としてフランス政府が出資するパリ・ベルシーの文化施設「シネマテーク・フランセーズ」は2005年9月に開館。設計はアメリカの鬼才、フランク・ゲーリー。

1936年9月、シネマテーク・フランセーズは過去の映画作品を広く知ってもらうために設立。第二次世界大戦後、パリ市内を転々とした後に現在のベルシーへ落ち着く。設立以来4万本以上の映画作品と、映画に関する資料・物品を収集。施設は映画上映、映画博物館、図書館で構成され、4つの上映ホールではその時々に沿ったテーマの作品が上映されている。
フランク・ゲーリーらしい奇抜な外観

フランク・ゲーリーらしい奇抜な外観

映画フィルムを思わせるエントランスのドア

映画フィルムを思わせるエントランスのドア

世の中に衝撃を与えたビルバオ・グッゲンハイム美術館を設計したフランク・ゲーリーの建築を見るためにベルシー駅へ到着。シネマテーク・フランセーズは駅近くのベルシー公園に隣接し、元々は1994年に竣工した旧アメリカンセンターをリニューアル。フランク・ゲーリーの建築はチタン素材を使用し躍動感ある曲線や不規則で有機的なラインが特徴だが、この建物は発色を抑え石を使用してパリの街並みに合わせている。

シネマテーク・フランセーズはフランソワ・トリュフォーやジャン=リュック・ゴダールなどが通い詰め、ヌーヴェル・ヴァーグが生まれフランス映画史においても重要な役割を果たした。ヌーヴェル・ヴァーグとは1950年代半ばから始まった映画の革新運動で、商業映画に束縛されず若い監督達によるロケ撮影中心の自由な映画制作を送り出された作品群・及び作風を指す。
チタンパネルと石のコントラストが面白い

チタンパネルと石のコントラストが面白い

好奇心をそそる複雑な空間

好奇心をそそる複雑な空間

館内は外観同様に複雑ながらも空気のうねりを感じ、吹き抜けと上部からの自然光が巧みに用いられ心地よい空間。映画博物館は19世紀に発明された映写機や撮影カメラの原型など、作品と共に発達した技術などを間近に観ることができる。映像も凝った演出で木箱を覗くとパラパラマンガのように動いたり、映画のワンシーンが流れ映画の世界にいるような錯覚が楽しい。

さらに「風と共に去りぬ」のヴィヴィアン・リーの衣装や、チャップリンの「モダンタイムズ」の歯車にフリッツ・ラングの「メトロポリス」で登場したアンドロイドなど貴重な映画関連のコレクションも展示され見応え十分。映画に関する書籍やDVDが充実したブックストアもあり、映画好きの方には特におすすめの施設。
可愛らしい投影の案内

可愛らしい投影の案内

シネマテーク・フランセーズ/Cinematheque francaise

住所
51 Rue de Bercy, 75012 Paris, France < 地図を表示 >
Tel
+33 1 71 19 33 33
設計
フランク・ゲーリー(カナダ/アメリカ)
公式サイト
La Cinematheque francaise

スポンサーリンク