街と光・風がつながる南青山の複合施設「コレッツィオーネ」

街と光・風がつながる南青山の複合施設「コレッツィオーネ」

表参道駅からみゆき通りを根津美術館方面へ向かう南青山にある「コレッツィオーネ」は1989年9月にオープン。コンクリートの打ち放しに閉鎖的でストイックな空間が特徴的な設計は安藤忠雄。

コレッツィオーネは隣の「フロム・ファースト・ビル」同様に、商業空間・オフィス空間・住居空間を持ち合わせた複合施設。周囲の落ち着いた街並みに配慮し高さを地上4階に抑え、地下3階へ構成しながらも自然光を導く造りとなっている。内部は階段・通路が入り組み、まるで迷路のような導線が来訪者に刺激を与える。施設はショップ以外に展示会やパーティーを開催できるイベントホールやフィットネスクラブもある。
直線的なコンクリートに曲面ガラスがアクセントとなる外観

直線的なコンクリートに曲面ガラスがアクセントとなる外観

先の見えない導線が好奇心を煽るメインエントランス

先の見えない導線が好奇心を煽るメインエントランス

表参道駅からヘルツォーク・ド・ムーロン設計のPRADAブティック青山店など、有名建築が並ぶみゆき通りを歩いて5分ほどでコロッツィオーネに到着。赤い看板が良く目立ち外観はコンクリート打ち放しの直方体と円筒の組み合わせで、安藤忠雄らしさが出ている建築に少し興奮してしまう。 この建物は東京の安藤建築の中でも初期の作品で重厚感があり、環境に対する都市建築のあり方など背景も含め見どころが多い。

メインエントランスは左右に2ヶ所ずつ階段・通路があり、まずは右上の階段を選択。2階に着くと円筒に沿った螺旋階段にショップをつなぐブリッジや、地下への導線となる階段などが集中し行き先を惑わせる。どの導線も何処につながっているのか分からないため、好奇心から色々と徘徊することに。一度通っただけでは全容を把握するのは難しいが、子供であれば秘密基地を探検しているような楽しい空間。
階段・ブリッジなどが複雑な空間を演出

階段・ブリッジなどが複雑な空間を演出

地下3階ドライエリアに自然光と風が注ぎ込む

地下3階ドライエリアに自然光と風が注ぎ込む

内部空間は吹き抜けや意図的に造られた建物の隙間から自然光が差し込んでいるため、眺める場所・角度によって陰影が異なり印象深い表情を見せる。地下3階ドライエリアまで光が届き植物も青々と育っている。地下2階サンクンコートの階段に腰を下ろして建物を見上げていると、27年近くも経過しているのにコンクリートの状態が綺麗なことに驚く。時々吹き込む風も気持ち良く、ここが地下だということを忘れてしまう。

建物裏側は住居空間のためセキュリティの付いたエントランスホールにエレベーターがあり、閉鎖感がより強く表通りと明確に分離されている。通路だけではなく施設も様々だが、環境に配慮した建物の高さや自然光の取り込みが規模は違えど「表参道ヒルズ」の設計へつながる伏線として考えられている点が興味深い。やはり建築は敷地・環境・用途に合わせ、意味のあるデザインでなければならないと思わせる建物だった。
メイン通りとは違う姿を見せる住居空間側

メイン通りとは違う姿を見せる住居空間側

コレッツィオーネ/Collezione

住所
〒107-0062 東京都港区南青山6-1-3 < 地図を表示 >
Tel
03-5468-1825
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
青山ラ コレッツィオーネ[LA COLLEZIONE]

スポンサーリンク