海と森に囲まれ気軽にアートと向き合う「横須賀美術館」

海と森に囲まれ気軽にアートと向き合う「横須賀美術館」

神奈川県最東端の観音崎公園内に位置し、目前に広がる東京湾が一望できる「横須賀美術館」は横須賀市の市制100周年を記念して2007年4月に開館。設計は山本理顕で初の美術館作品。

絵画・彫刻を中心に日本の近・現代美術作品約5,000点を収蔵している横須賀美術館。海に面し塩害対策としてガラスに覆われた外観が特徴的で、三方を森に囲まれた景観に溶け込むような佇まい。周辺の観音崎公園には灯台や砲台跡などがあり、自然と歴史と美術の深いつながりを感じられる。毎年1月には地元横須賀市内の幼稚園、小・中・高校生の作品も展示され地元に親しまれている美術館。
観音崎公園の自然に囲まれた美しい美術館

観音崎公園の自然に囲まれた美しい美術館

東京湾を一望できる屋上広場

東京湾を一望できる屋上広場

日本の絶景美術館ランキングで上位に選ばれたことのある横須賀美術館へ。開館時間より早く着いたため、水平線の海を見渡すことができる屋上広場へ。青空に風も殆ど吹いていないため、行き交う世界各国の船を眺めているだけで気持ち良い。後ろは観音崎公園の自然が広がり紫陽花が綺麗に咲き、散策をしている姿も。道路から美術館へは緩やかな傾斜した芝生の庭で、そのゆとりも素晴らしい。

館内に入っても周囲の自然が感じられるよう大小の丸穴が開いていて開放的な空間。企画展は「さくらももこの世界展」へ。「ちびまる子ちゃん」の作者として知られるさくらももこの表紙絵や絵本原画約130点を中心に、ほのぼのとした世界に浸ることができる。他の漫画家とのコラボ作品や愛蔵品、思い出の品も展示されより身近に感じる内容となっている。(会期は2016/4/23~6/19まで)
自然光が差し込み柔らかい空間の館内

自然光が差し込み柔らかい空間の館内

別棟となる「谷内六郎館」

別棟となる「谷内六郎館」

地下1階常設展では日本の近・現代美術作品や、横須賀ゆかりの作家の作品などが展示されている。地下とはいえ吹き抜けの空間とスペースにもゆとりがあるため、作品とゆっくり向き合うことができる。また敷地内の別棟では、週刊新潮の表紙絵で知られる谷内六郎の作品も年4回テーマを設けて展示している。各表紙には「表紙の言葉」が残され、自身の思いや社会へのメッセージも汲み取れる。

ミュージアムショップでは収蔵作品をモチーフにしたオリジナルグッズが豊富で、特に手ぬぐいが可愛く横須賀美術館から望む風景をデザインした伝統的な手染め(注染)でお土産にもおすすめ。イタリアンレストラン「アクアマーレ」では、地元の野菜や東京湾で水揚げされた魚介を使用し、海を眺めながら優雅に食事が楽しめる。時間があれば美術館前のボードウォークを散歩をするのも素敵。
レストランから見渡す贅沢な景色

レストランから見渡す贅沢な景色

横須賀美術館/Yokosuka Museum

住所
〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4-1 < 地図を表示 >
Tel
046-845-1211
設計
山本理顕(日本)
公式サイト
横須賀美術館