14世紀に創建された琉球建築の傑作、沖縄「首里城」

14世紀に創建された琉球建築の傑作、沖縄「首里城」

琉球建築の最高傑作と言われる沖縄那覇市の「首里城」は14世紀に創建された琉球王国国王の居城で、海外貿易の拠点となった那覇を見下ろす小高い丘の上に位置する。

那覇空港から「ゆいレール」に乗り那覇市内を見下ろしながら約30分。終点「首里駅」から徒歩15分で守礼門に到着。さらに奥まで進むとテレビなどでよく見た朱色の建物が視界に入ってきた。沖縄の歴史と文化の象徴「首里城」が悠然と構え、首里城跡は2000年12月に日本で11番目の世界遺産として登録されている。
正殿内部、2階の御差床(うさすか)に置かれている国王の椅子

正殿内部、2階の御差床(うさすか)に置かれている国王の椅子

琉球石灰岩をたくみに利用した本格的な庭園

琉球石灰岩をたくみに利用した本格的な庭園

首里城は1429年から1879年まで栄えた琉球王国の中心として政治・祭礼の拠点となり、中国や東南アジアなどの交易から独自の文化が生まれた。1945年の沖縄戦で壊滅的な被害を受けわずかに城壁や建物の基礎などの一部が残っているだけで、あとは全て1992年に沖縄本土復帰20周年を記念して復元された。

朱色に彩られた建物や漆の美しさがとても素晴らしく、屋根の赤瓦は6万枚近くも使用されている。しかも色の再現や素材の赤土も沖縄本島から西に約100km離れた久米島にしかなく、焼いても失敗の連続だったことなどNHKの「プロジェクト X」で放送されるくらい大変だったようだ。文化的・歴史的な価値が高い首里城を復元するため、沖縄の方たちの熱意・執念がひしひしと伝わってくる。
裏御座(うらござ)と言われる茶室

裏御座(うらござ)と言われる茶室

琉球菓子とさんぴん茶で一休み

琉球菓子とさんぴん茶で一休み

首里城向かって右手の南殿は資料が展示され琉球王国の繁栄・衰退などの歴史が良く分かる。正殿につぐ大規模な木造復元を行った書院・鎖之間(さすのま)では、「さんぴん茶」と「ちんすこう」などの琉球菓子と共に往時の雰囲気を楽しむことができる。さらに首里城や琉球菓子の説明も受け丁度良い一休み。

首里城正殿ばかりがクローズアップされがちだが守礼門は2,000円札の絵柄になったこともお忘れなく。余談だがすでに製造されていないこの2,000円札、沖縄では自動販売機などでも利用できるため今日でも当たり前のように出回っている。再訪の機会があれば守礼門を含め首里城のライトアップを楽しみたい。
首里城外の楼門のひとつ守礼門

首里城外の楼門のひとつ守礼門

首里城/Shurijo

住所
〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2 < 地図を表示 >
Tel
098-886-2020
公式サイト
首里城公園 – 国営沖縄記念公園 Official Site

スポンサーリンク