オリエント急行で贅沢なティータイム「箱根ラリック美術館」

オリエント急行で贅沢なティータイム「箱根ラリック美術館」

フランスの宝飾デザイナー、ガラス工芸家として有名なルネ・ラリックの作品を展示する「箱根ラリック美術館」は2005年3月に開館。設計は日本を代表する大手総合建設会社のKAJIMA DESIGN(鹿島建設)。

植物をモチーフに流れるような曲線が特徴のアール・ヌーヴォーと、直線を基調とした実用的なデザインが特徴のアール・デコの両面で活躍した巨匠、ルネ・ラリック。箱根ラリック美術館はその名の通りラリックの作品を約1,500点所蔵し、230点ほどを常設展示している。敷地内には芝生の手入れが行き届いた美しい庭園を囲むように、カフェ・レストラン、ショップが併設。中でもカフェ・レストランの奥にあるヨーロッパの豪華列車「オリエント急行」は、車内でティータイムが楽しめるため大人気となっている。
庭園の見えるエントランスが期待を高める

庭園の見えるエントランスが期待を高める

芝生が綺麗な庭園とカフェ・レストラン

芝生が綺麗な庭園とカフェ・レストラン

2日目も天候に恵まれ、早目にチェックアウトして箱根ラリック美術館へ。場所は星の王子さまミュージアムから約500mの距離にあり、駐車場は広く停めやすい。エントランス正面から既に庭園が見え、中に入ると青々とした芝生・木々を見渡す素晴らしい景色。周囲も自然に囲まれ澄んだ空気がとても気持ち良い。美術館は敷地内の一番奥となり、全体的な印象としては日本的な母屋・下屋を彷彿させる構成となっている。

美術館の手前にはラリックが作成したガラスのカーマスコットを取り付けたクラシックカーが展示されている。美術館に入るとブローチや髪飾りといったアクセサリーや香水瓶・花器・ステンドグラスなど繊細な作品が一つ一つ品よく配置され、華やかなラリックの世界に浸ることができる。2階のミュージアムショップでは、染物の手ぬぐいやデザイン缶のお菓子(ゴーフレット)など素敵なお土産を多数取り揃えている。
自然の中にひっそりと佇む美術館

自然の中にひっそりと佇む美術館

ティータイムが楽しめる「オリエント急行」

ティータイムが楽しめる「オリエント急行」

鑑賞後はオープンカフェで一休みと思っていたら、運良く20分後にオリエント急行のティータイムが利用できるとの事で迷わず予約。オリエント急行と言えば「青いプリマドンナ」の愛称で親しまれ、アガサ・クリスティーの小説や映画の舞台として世界中の人々を魅了してきた豪華列車。本物が日本にあるとはちょっと感動的。1時間毎のティータイムは所要時間45分間、定員は最大20名で予約は現地のみとなっている。

時間となり、まずはオリエント急行の概要や美術館への移動手段について映像を見る。車内に通されるとさすが豪華列車、高貴な雰囲気に座席もゆったりしている。ラリックが手がけたガラスパネルやライトについて専属クルーの説明を聞きながら、コーヒーとシフォンケーキが目の前に。コーヒーはおかわりできるポット付き、シフォンケーキはフワフワでとても美味しく贅沢で優雅な時間を過ごす。さすがにオープンカフェを利用する時間はないため、次回の楽しみにとっておこう。
ラリックが装飾を手がけた気品ある室内

ラリックが装飾を手がけた気品ある室内

箱根ラリック美術館/Lalique Museum Hakone

住所
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1 < 地図を表示 >
Tel
0460-84-2255
設計
KAJIMA DESIGN(鹿島建設/日本)
公式サイト
箱根ラリック美術館

スポンサーリンク