景観・環境に調和しトレンドを発信する「表参道ヒルズ」

景観・環境に調和しトレンドを発信する「表参道ヒルズ」

ファッション・アート・文化などのトレンドを世界に向けて発信する「表参道ヒルズ」は2006年2月にオープン。表参道の穏やかな坂道をそのまま建物内のパブリックスペースとして取り入れた設計は安藤忠雄。

ケヤキ並木が続く表参道に、商業施設・住宅施設・駐車場からなる複合施設の表参道ヒルズ。縦長のガラスが連なる全長は約250mもあり、ケヤキ並木とほぼ同じ高さに揃えられ屋上・壁面緑化と合わせ明治神宮へと続く景観に調和しているのが特徴的。表参道のシンボルとして人々の心の風景に刻まれた旧同潤会青山アパートを同潤館として再生するなど、最先端だけを求めるのではなく街の歴史や文化も継承している。
ケヤキ並木に沿って同じ高さで続く外観

ケヤキ並木に沿って同じ高さで続く外観

多くの来場者を迎えるメインエントランス

多くの来場者を迎えるメインエントランス

新緑の美しい5月の早朝、表参道駅から地上に出て原宿方面へ進むと2・3分で表参道ヒルズへ到着。ガラス張りが続く外観に景色が映し出され、建物の威圧感は殆どない。アニバーサリーや新オープンの広告が示すように表参道ヒルズは2016年2月11日に10週年を迎え、外国人観光客も視野に入れた旗艦店となるファッションブランドをより強化している。時間の経過と共に行き交う人が増え、徐々に街が活気を帯びてくる。

オープンと同時に中へ入ると地下3階~地上3階の大胆な吹き抜けや大階段、地下まで自然光を届ける空間が印象的。さらに表参道の坂と同じ傾斜のスロープは路地を歩くような感覚で楽しく「第二の表参道」を思わせる。このスロープは地権者からのアイデアらしく、環境や歴史を考慮した志ある建築でとても素晴らしい。人出が多い時はエスカレーターやスロープに人が流れているようで眺めているだけでも面白い。
表参道と同じ傾斜が続くスパイラルスロープ

表参道と同じ傾斜が続くスパイラルスロープ

螺旋にアクセントをつけるエスカレーター

螺旋にアクセントをつけるエスカレーター

店舗数はショップを中心にカフェ・レストランなど約100店舗あり、どのショップも表参道ヒルズならではの個性的で上質なものばかり。ギャラリーや飲食・貸し出しまでできる森の図書室、キッズの森ではプレイスペースなどもあり子供連れでも安心して楽しめるなど施設も充実。ブライトアップウォールという名のLEDを使用している外壁照明もリニューアルされ、季節や催事に合わせた演出で新たな存在感を創出している。

表参道はSANAAのディオール、伊東豊雄のTOD’S表参道ビル、隈健吾のONE表参道、青木淳のルイ・ヴィトンなど名だたる建築家たちが設計した建物が連なる建築ストリート。表参道ヒルズで安藤忠雄らしい外観は裏通りがおすすめ。全面コンクリートの打ち放しにスロープ、屋上・壁面緑化とこちらを表面にしたいくらい格好いい。さらにこの裏通りには「フォレストプラザ表参道」という安藤忠雄設計の集合住宅もある。
屋上・壁面緑化が進む裏通りの外観

屋上・壁面緑化が進む裏通りの外観

表参道ヒルズ/Omotesando Hills

住所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4-12-10 < 地図を表示 >
Tel
03-3497-0310
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
表参道ヒルズ

スポンサーリンク