散策気分で彫刻を鑑賞できる「箱根 彫刻の森美術館」

散策気分で彫刻を鑑賞できる「箱根 彫刻の森美術館」

芝生に彫刻を配置した「彫刻庭園」形式で、国内初の野外美術館である「箱根 彫刻の森美術館」は1969年8月に開館。設計は東京都庁舎など多くの公共施設にモニュメントを残した彫刻家の井上武吉。

箱根の山々が見渡せる広大な敷地に、ヘンリー・ムーア、ジョアン・ミロ、オーギュスト・ロダンなどの彫刻が約120点、散策気分で鑑賞できる。さらに20世紀を代表するスペインの芸術家パブロ・ピカソの作品のみを展示した日本初の「ピカソ館」も見逃せない。子供が造形を楽しめる作品やミュージアムカフェに足湯もあり、自然の中で1日ゆっくり過ごすことができる。
本館ギャラリーと屋外作品

本館ギャラリーと屋外作品

後藤良二「交叉する空間構造」

後藤良二「交叉する空間構造」

特に予定していなかったが、急遽箱根のホテルが予約できたため早起きをして出発。GWということで東名高速の渋滞を覚悟したが、殆ど巻き込まれず8:30過ぎには「箱根 彫刻の森美術館」の駐車場へ到着。新芽が芽吹き、天気も青空が広がりとても気持ちの良い気候となった。

前日に入場券をアプリで購入したため、9:00開館とともにほぼ1番乗りで入場。エントランスを抜けて右手にある本館ギャラリーでは、企画展「横尾忠則 迷画感応術」を開催中。紙皿を使い絵画パレットでデザインされた市販の車がとても可愛い。屋外を少し歩くとCMで良く見た黒(男性)と赤(女性)が四肢を伸ばした群像の作品「交叉する空間構造」があり、八重桜と空とのコントラストが素敵。
2階にギャラリーも併設されたミュージアムカフェ

2階にギャラリーも併設されたミュージアムカフェ

作歴をテーマによって分類し展示している「ピカソ館」

作歴をテーマによって分類し展示している「ピカソ館」

ムーアの作品群がある緑陰広場を抜けて、2015年3月にリニューアルしたミュージアムカフェで一休み。2階はギャラリーとなっていて、すぐ隣には足湯があり寛ぎながら屋外作品を鑑賞できる。敷地内の一番奥には「ピカソ館」がありピカソの長女、マヤ・ピカソから購入した陶芸作品を中心に、絵画や版画、彫刻や金のオブジェなど300点ほど所蔵している作品を順次公開している。

さらに星型の迷路やしゃぼん玉のお城という作品もあり、美術館らしく子供がアートに触れながら遊ぶことができる。特にしゃぼん玉のお城はジャングルジムとなっていてかなり楽しそうで羨ましい限り。一周りしたらお腹が空いたので箱根の山を一望しながらビュッフェで昼食。ミュージアムショップではデザイングッズやお土産の種類が豊富で充実している。
ピーター・ピアース「しゃぼん玉のお城」

ピーター・ピアース「しゃぼん玉のお城」

箱根 彫刻の森美術館/The Hakone Open-Air Museum

住所
〒250-0493 神奈川県足柄下郡箱根町二ノ平1121 < 地図を表示 >
Tel
0460-82-1161
設計
井上武吉(日本)
公式サイト
箱根 彫刻の森美術館

スポンサーリンク