ル・コルビュジエ設計の上野「国立西洋美術館」

ル・コルビュジエ設計の上野「国立西洋美術館」

モネ、ルノワールなど印象派の絵画やロダンの彫刻をはじめとする西洋美術専門の「国立西洋美術館」は1959年4月に開館。設計は近代建築三大巨匠の一人、ル・コルビュジエ。

国立西洋美術館は川崎造船所(現 川崎重工業)社長を務めた松方幸次郎の美術コレクション「松方コレクション」を中心に展示。14世紀から20世紀初頭までの作品約5,500点が所蔵され、常設展はもちろん様々な展覧会を開催して、西洋美術を多くの人に広く知ってもらうことを目的としている。
松方コレクションと深い関わりがあった「フランク・ブラングィン」の展覧会

松方コレクションと深い関わりがあった「フランク・ブラングィン」の展覧会

館内は広く一つひとつの作品をじっくり鑑賞できる

館内は広く一つひとつの作品をじっくり鑑賞できる

上野駅直ぐ側の上野恩賜(おんし)公園内にある国立西洋美術館。広場にはエミール=アントワーヌ・ブールデルの「弓をひくヘラクレス」や、オーギュスト・ロダンの「考える人」「地獄の門」といった有名な彫刻が展示されている。館内に入ると先ずは常設展の絵画や彫刻を鑑賞。中でもモネの「睡蓮」はやはり特別な存在感。ここで足を止め見入っている人が多い。

展覧会は美術館50周年記念事業として「フランク・ブラングィン展」と「所蔵水彩・素描展―松方コレクションとその後」が開催。「フランク・ブラングィン」は絵画だけではなく室内装飾や陶磁器など多方面に活躍した芸術家だが、美術品購入などのアドバイザーとして松方コレクションの形成に深く関与していた重要人物。
国内唯一の「ル・コルビュジエ」作品

国内唯一の「ル・コルビュジエ」作品

ル・コルビュジエ建築の特徴の一つであるスロープ

ル・コルビュジエ建築の特徴の一つであるスロープ

そして国立西洋美術館の魅力は何と言ってもル・コルビュジエが設計した国内唯一の建物。正確には基本設計がル・コルビュジエ、弟子である前川國男・坂倉準三・吉阪隆正が実施設計した。建築の特徴は「ピロティ(柱)」「自由な平面」「自由な立面」「独立骨組みによる水平連続窓」「屋上庭園」。この美術館ではスロープもあり、階段とは異なる空間の変化をゆっくりと楽しむことができる。

一回りした後はル・コルビュジエのソファがあるロビーで一休み。デザインはもちろん、座り心地も抜群でちょっと贅沢な時間。お腹が空いてきたので中庭の見える「カフェ すいれん」でオムライスを頂く。そしてミュージアムショップは書籍の充実度が素晴らしい。子供から研究者まで利用できるボリュームで、ここでしか入手できないものが多数ある。
ル・コルビュジエのソファもあり休憩できるロビー

ル・コルビュジエのソファもあり休憩できるロビー

国立西洋美術館/The National Museum of Western Art

住所
〒110-0007 東京都台東区上野公園7-7 < 地図を表示 >
Tel
03-5777-8600
設計
ル・コルビュジエ(スイス/フランス)
公式サイト
国立西洋美術館

スポンサーリンク