箱根で世界に誇る名作アートを楽しむ「ポーラ美術館」

箱根で世界に誇る名作アートを楽しむ「ポーラ美術館」

箱根の自然に溶けこむように建てられた「ポーラ美術館」は2002年9月に開館。ポーラ化粧品で知られるポーラ創業の二代目、鈴木常司が数十年にわたって収集した美術品が展示されている。設計は日建設計。

ポーラ美術館は西洋絵画に日本洋画や日本画、ガラス工芸に化粧道具など約9,500点ものコレクションが収蔵されている。特に西洋絵画ではモネ、ルノワール、シャガール、ピカソ、セザンヌなどの世界的に有名な印象派の作品が多い。施設はレストランにカフェ、ミュージアムショップは2箇所とかなり充実している。
エントランスホールからチケットカウンターのある1階へ

エントランスホールからチケットカウンターのある1階へ

地下1階から見渡す館内

地下1階から見渡す館内

県道のひめしゃら林道からアプローチブリッジを渡りエントランスホールへ。ポーラ美術館は「箱根の自然と美術の共生」をコンセプトに緩やかな傾斜地に建てられ、作品を鑑賞するために下へ降りて行く構造となている。チケットセンターのある1階で荷物をロッカーに預け、さらに地下1階へ降りていく。

開催中の企画展は「自然と都市」。19世紀後半から20世紀初めに近代化が進むフランス・パリを中心とした、自然と都市の関わり方の風景画が約70点展示されている。一番印象に残ったのはデュフィの「パリ」。違う時間帯で4つに分かれている作品で、何と言っても色彩が鮮やかで可愛い。この企画展はお気に入りの作品を選んで、写真やコメントと一緒に投票することができる楽しいイベントも開催。地下2階では日本洋画や近代陶芸などのコレクションが展示されている。
企画展「自然と都市」の入り口

企画展「自然と都市」の入り口

明るく開放的な「カフェ チューン」

明るく開放的な「カフェ チューン」

一通り鑑賞した後はレストランと迷ったが、地下1階にある「カフェ チューン」で一休み。ハムとチーズのホットサンドにカプチーノとコーヒーゼリーソフトを美味しく頂く。自然光が降り注ぎ明るくまったり過ごすことができ、美術館のカフェは幸せな時間でとても嬉しい。

最後は地下1階と1階にあるミュージアムショップで、素敵なデザインの海外雑貨や書籍などを購入。ポーラ美術館は展示品から施設・ロケーションなど、全体的に質が高くて大満足。これだけの作品が一度に鑑賞できるのはかなり贅沢で、次回はもう少し暖かい時期に自然を満喫できる森の遊歩道も楽しみたい。
地下1階にあるミュージアムショップ

地下1階にあるミュージアムショップ

ポーラ美術館/POLA Museum of Art

住所
〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 < 地図を表示 >
Tel
0460-84-2111
設計
日建設計(日本)
公式サイト
ポーラ美術館

スポンサーリンク