動物たちの優しい世界に触れる「埼玉県こども動物自然公園」

動物たちの優しい世界に触れる「埼玉県こども動物自然公園」

東松山市の南西、クヌギ・アカマツ・コナラなどの雑木林に囲まれた比企丘陵に位置する「埼玉県こども動物自然公園」は1980年5月に開園。こどもが大自然の中で動物と触れ合い、楽しみながら学べる施設。

埼玉県こども動物自然公園はコアラ、レッサーパンダ、ペンギンなど200種類以上の動物たちが暮らし、カピバラがゆったり温泉につかる「カピバラ温泉」で一躍有名になった動物園。園内はかなり広くゾウやライオンなどの定番動物はいないが、性格のおとなしい草食系や小動物が多いのが特徴。さらに絵本がたくさんある国際児童記念館「こどもの城」や絵本のピーターラビットで有名な「ビアトリクス・ポター資料館」、冒険の森アスレチックなど施設が充実しているため1日中遊ぶことができる。
緑に囲まれた広い敷地の公園

緑に囲まれた広い敷地の公園

気持ち良さそうに寝ているコアラ

気持ち良さそうに寝ているコアラ

2歳の娘から動物園をリクエストされたため、日帰りでじゃぶじゃぶ池のある埼玉県こども動物自然公園へ。関越の鶴ヶ島ICから国道407号線を北上して約20分ほどで到着。チケット購入後、正門を抜けた噴水広場には緑を刈り込んだレッサーパンダのトピアリーが出迎えてくれる。最初の動物はサバンナの光景でよく見られるキリンとシマウマから。一緒にいるのは敵から身を守るためでキリンは遠目がきき、シマウマは自分の周辺に対する警戒心が強く安心して食事ができる。隣のポニー・乗馬コーナーでは、乗馬は4歳以上の制限から他のこどもたちを眺めていると、スタッフの方がポニーにタッチできるよう優しく誘導してくれる。

公園のシンボル「天馬の塔」を超えて東園を目指して数分歩くと、真夏日のためすでに滝のような汗。売店で水分補給をしていると100円で動くカートに心がときめいたようで時間を取られたが、何とか目的のコアラに辿り着く。残念ながらコアラはユーカリの木の上ですやすや眠っていて殆ど動かなかったが、寝ている姿もとても可愛い。この動物園を最初に有名にしたのは1986年にオーストラリアからやって来たコアラで、連日ニュースに取り上げられたほど。ちなみに13時頃がご飯の時間で、動くコアラを見ることができる。
放し飼いで食事に夢中のマーラ

放し飼いで食事に夢中のマーラ

自然に囲まれこどもに大人気のじゃぶじゃぶ池

自然に囲まれこどもに大人気のじゃぶじゃぶ池

次はカピバラを目指して移動すると放し飼いのマーラに遭遇。近寄っても慣れているのか全く逃げる素振りを見せないで黙々と草を食べている。カピバラのエリアにはワラビーもいるが、ロープの仕切りは気持ちばかりと手を伸ばせば届く距離。今度はクーラーの効いた売店で昼食をとり、午後は夏ならではのじゃぶじゃぶ池へ。底面が青い浅瀬のプールは綺麗に整備され、楽しくはしゃぐこどもがちょっと羨ましい。

うだるような暑さの中、思い切り水遊びをしたこどもは眠くなる…。ペンギンは?本物のレッサーパンダは?と施設の半分も回っていないが、熱中症に気をつけなければいけないため早めに切り上げる。カフェや売店も多数あり、のんびりとした雰囲気の中で動物と親しくなれる素敵な公園は近いうちに必ずリピートしたい。
コーヒーやクレープが美味しい「もりカフェ」

コーヒーやクレープが美味しい「もりカフェ」

埼玉県こども動物自然公園/Saitama Children’s Zoo

住所
〒355-0065 埼玉県東松山市岩殿554 < 地図を表示 >
Tel
0493-35-1234
公式サイト
埼玉県こども動物自然公園

スポンサーリンク