ガラスアトリウムに圧倒される丸の内「東京国際フォーラム」

ガラスアトリウムに圧倒される丸の内「東京国際フォーラム」

東京・丸の内にあるコンベンション&アートセンター「東京国際フォーラム」は1997年1月にオープン。設計は日本初開催の国際建築家連合(UIA)の基準に基づく国際公開コンペで決定したラファエル・ヴィニオリ。

東京国際フォーラムは旧東京都庁舎の跡地に建設され、大小8つのホールと34の会議室からなる公的総合文化施設。JR 有楽町・東京駅や各地下鉄からのアクセスが良く、展示会・コンサート・ミュージカル・ファッションショーなど幅広いジャンルのイベントが一年を通じて開催される。壁面だけでも約2,600枚のガラスが使用され、類例のない巨大な吹き抜け空間のあるガラス棟は東京国際フォーラムのシンボリックな建物。建築としての評価も高く、1998年に日本国内の優秀な建築作品に与えられる「BCS賞」を受賞している。
安田侃 「意心帰」の大理石越しに望む外観

安田侃 「意心帰」の大理石越しに望む外観

スロープ入口から見上げる内観

スロープ入口から見上げる内観

2歳の子供がお気に入りのアンパンマン。そのミュージカル「勇気の花に歌おう♪」を観るために東京国際フォーラムへ。施設は地上の広場を挟みホール棟とガラス棟に分かれ、コンコースは地下1階で両棟に繋がっている。東京を代表するランドマークの建物を写真に撮るために、早速ガラス棟北側の入口へ。ガラス棟は全長約207m、地上高57.5m、最大幅約32mの巨大な舟形のアトリウム空間でスケールの大きさに驚く。

内部は地上1階から最上階の7階までスロープが続き、4階から6階では空中ブリッジがホール棟と二分された施設を機能的にジョイントしている。この建物のハイライトは大屋根で舟の竜骨のような巨大な梁で、圧倒的な造形は豪快な骨組みと言ったほうが適切か。しかもこの骨組みを支えるのは、北と南にあるたった2本の大柱のみ。巨大でありながら繊細で耐震性能にも優れ、施工・実施能力の高さにただただ感心してしまう。
巨大な屋根を支えるのは両脇の大柱のみ

巨大な屋根を支えるのは両脇の大柱のみ

地下1階のロビーギャラリー

地下1階のロビーギャラリー

7階から地下へ下りるのも折角なのでエレベーターではなくスロープで。どの角度からでも絵になり、観光以外にも建築やメディア関連と思われる人たちが写真を撮っている。地下1階はロビーギャラリーとなっていて大屋根から光が降り注ぎ、広い空間は地下と思えないほど明るく開放的。木の壁面が空間を覆うような傾斜でアクセントになっている。座りながら剥き出しの構造や人の流れを見ているだけでも楽しめる。

2017年は東京国際フォーラムが開館20周年を迎えたため、プロローグとして東京都で生産される色とりどりのフラワーモニュメントを展示。今後も「ネオ屋台村スーパーナイト」や「丸の内キッズジャンボリー2017」、「光のインスタレーション」などの特別企画が用意されているためとても楽しみ。
20周年記念のフラワーモニュメント

20周年記念のフラワーモニュメント

東京国際フォーラム/Tokyo International Forum

住所
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-5-1 < 地図を表示 >
Tel
03-5221-9000
設計
ラファエル・ヴィニオリ(アメリカ)
公式サイト
東京国際フォーラム

スポンサーリンク