ジャン・ヌーヴェル傑作の美術館「アラブ世界研究所」

ジャン・ヌーヴェル傑作の美術館「アラブ世界研究所」

アラブ諸国文化を発信するパリの「アラブ世界研究所」は1987年12月に開館。設計はこの作品で一躍脚光を浴び、ガラス建築を得意とするジャン・ヌーヴェルとアーキテクチャ・スタジオ。

パリ5区のセーヌ川沿いで一際存在感のあるアラブ世界研究所は、フランスとアラブ世界の文化交流を促進し、美術館や図書館・劇場・レストラン・ミュージアムショップなど多様な施設を揃える。美術館は宝飾品や色鮮やかな陶器・現代アートなどアラブの代表的な作品が展示され、企画展も数多く開催。建築としても非常に魅力的で1980年代にパリで行われたルーヴル美術館大改修やオペラ・バスティーユ建設など、大規模施設建築のプロジェクト「グラン・プロジェ」の中でも評価が高い。
建物への期待が高まるアプローチ

建物への期待が高まるアプローチ

日差しの強さで自動調光するアルミパネル

日差しの強さで自動調光するアルミパネル

2008年に訪れたアラブ世界研究所をもう一度見るために再びパリへ。アラブ世界研究所は全面ガラス張りの南側外観が最大の特徴で、イスラム装飾を連想させる幾何学模様のアルミパネルが240枚で構成されている。このパネルにはカメラの絞りのようなメカニズムが搭載され、日差しの強さで開閉し外光を自動調整する優れもの。時間によりガラスに映る空や景観が、建物の表情を変化させる。

設計したジャン・ヌーヴェルはこの建築で、イスラム文化を体現し優れた建築に贈られるアガ・カーン賞を1989年に受賞。さらに2001年には高松宮殿下記念世界文化賞を、2008年は建築界のノーベル賞とも言えるプリツカー賞も受賞。カルティエ現代美術財団やバルセロナのトーレ・アグバールなど、独特なガラスの使い方で光を操る建築が得意で「ガラス(光)の魔術師」とも言われている。
外観とは異なり神秘的な雰囲気の館内

外観とは異なり神秘的な雰囲気の館内

建築の構造がよく見えるスケルトンのエレベーター

建築の構造がよく見えるスケルトンのエレベーター

南側とは対照的にセーヌ川沿いの北側外観は、川の流れに合わせて緩やかなカーブを描き角張った印象を和らげる。館内はメタリックな天井や床へ万華鏡のように乱反射する光がとても美しく、外観とは違う神秘的な一面を見せる。天井の低い1階や吹き抜けのエントランスなども光の演出を微妙に変化させている。展示品を鑑賞した後はこの反射する光を見るために階段を歩くだけの価値がある。

最上階(9階)のテラスはシテ島のノートルダム寺院を中心に、遠くはサクレ・クール寺院などパリを一望できる隠れた展望スポット。観光客が少なくレストランもあり、クスクス等のコース料理やアラブのお菓子を楽しみながら景色をゆっくり眺めることができる。ミュージアムショップは1階にあり、アラビア風モザイクデザインのブックカバーやステーショナリーはお土産にとてもおすすめ。
最上階からパリの景観を楽しむ

最上階からパリの景観を楽しむ

アラブ世界研究所/Institut du Monde Arabe

住所
1, Rue des Fosses-Saint-Bernard, 75005 Paris, France < 地図を表示 >
Tel
+33 1 40 51 38 38
設計
ジャン・ヌーヴェル(フランス)+アーキテクチャ・スタジオ(フランス)
公式サイト
Bienvenue a Institut du monde arabe a Paris
関連記事
宇宙船モバイルアートが出現!パリ「アラブ世界研究所」
ジャン・ヌーヴェル傑作の美術館「アラブ世界研究所」
パリで最も魅力的な建築の一つ「アラブ世界研究所」