伊東豊雄設計の産婦人科医院「東京マザーズクリニック」

伊東豊雄設計の産婦人科医院「東京マザーズクリニック」

胎児ドックと無痛分娩で有名な産婦人科医院「東京マザーズクリニック」は2012年1月に開院。設計は2013年にプリツカー賞を受賞し、せんだいメディアテークが代表作として知られる伊東豊雄。

世田谷の東急田園都市線 用賀駅から徒歩12・3分程の閑静な住宅街に佇む「東京マザーズクリニック」。国内でも数少ない無痛分娩へのニーズに応える産婦人科医院の外観は、白を基調としたボックス型にエントランスはグリーンの一面がアクセント。飛び出した2階部分がダイナミックな印象を与え、院内は待合室から診察・入院室まで清潔感のあるシンプルな空間づくりが徹底され、間接照明と自然光が優しく包み込む。
黄緑色の壁にシンプルなロゴ

黄緑色の壁にシンプルなロゴ

張りだした2階部分が印象的な建物

張りだした2階部分が印象的な建物

我が家の小さな女の子が誕生した東京マザーズクリニック。建物は世界の第一線で活躍し数々の賞を受賞するなど日本を代表する建築家 伊東豊雄の設計で、インテリアは空間と人を繋ぐインターフェースを提案する家具デザイナーの藤江和子。さらに各部屋のカーテンはテキスタイルコーディネーター・デザイナーの安東陽子というこだわり。このような場所で産まれることの贅沢さといったら、我が子ながら羨ましい限り。

外観と同じく院内も白をベースに床や階段・ドアには木が採用され、とても柔らかな雰囲気。1階待合室は広くゆったりとしたスペースに素敵なソファーと、待ち時間でもリラックスできる空間で壁には伊東豊雄の絵も飾られている。妊産婦さんが安心して受診できるよう案内・会計サポートはもちろん、不安な精神面・生活面へのアドバイスもしてくれるバースコンシェルジュなど徹底されたサービスも素晴らしい。
シンプルで家具も素敵な入院室

シンプルで家具も素敵な入院室

呼吸センサー付きで安心の新生児用ベッド

呼吸センサー付きで安心の新生児用ベッド

2階に上がると正面にはカウンセリングや家族が歓談できる中庭があり、右は新生児室と分娩室、左が入院室で構成されている。新生児室に赤ちゃんが並んでいる姿はとても微笑ましく、産後体調が優れない場合は一時的に赤ちゃんを預けられる。入院室は全室個室となり、部屋は広く浴室・トイレ・洗面所も完備され安心・快適に過ごすことができる。ベッドには赤ちゃんがより可愛らしく見える?専用の照明も。

食事は他のブログなどでも絶賛されている通り、豪華でとても病院食とは思えない美味しさ。料理研究家・栄養士の方による、旬の食材を使用したメニューで嬉しいレシピ付き。ちなみにおやつと夜食もある。何もかも行き届いた東京マザーズクリニックで子供を無事出産できたことをとても嬉しく思う。
豪華で美味しい食事

豪華で美味しい食事

東京マザーズクリニック/Tokyo Mother’s Clinic

住所
〒158-0098 東京都世田谷区上用賀4-5-1 < 地図を表示 >
Tel
03-3426-1131
設計
伊東豊雄(日本)
公式サイト
東京マザーズクリニック

スポンサーリンク