安藤忠雄や谷口吉生などの名建築が集まる北杜「清春芸術村」

安藤忠雄や谷口吉生などの名建築が集まる北杜「清春芸術村」

アーティストの創作と交流の場として造られた山梨県北杜市の「清春芸術村」は1980年4月に開村。安藤忠雄、谷口吉生、藤森照信などの名建築が集まるアートコロニーは桜の名所としても有名。

南アルプス・八ヶ岳、そして富士山を望める場所にある清春芸術村。武者小路実篤や志賀直哉などの白樺派による理想の美術館構想を、親交のあった東京銀座の画商・吉井長三が私財を投じて実現した。清春小学校が廃校となった跡地に建てられ、生徒たちが植樹したソメイヨシノの桜が90年余りを経た現在も咲き誇る。敷地内には安藤忠雄、谷口吉生、藤森照信、ギュスターブ・エッフェル、杉本博司・榊田倫之の新素材研究所といった名だたる建築家が設計した建物が今も増え続けている。
シンボル的存在の「ラ・リューシュ」

シンボル的存在の「ラ・リューシュ」

地上4メートルにある「茶室 徹」

地上4メートルにある「茶室 徹」

GWを利用して以前から行きたいと思っていた清春芸術村へ。中央道は混雑なく順調に進み、出口の長坂ICから15分程で到着。芸術村らしいアイアンワークの門を潜ると、目の前にはパリのエッフェル塔で知られる建築家のギュスターブ・エッフェルが設計した集合住宅アトリエ「ラ・リューシュ」がお出迎え。アール・ヌーヴォー様式の円形建築物(ロタンダ)は1900年に開催されたパリ万国博覧会のパビリオンに使用されたものがオリジナルで、現在もパリのモンパルナスに保存されている。芸術村の建物は吉井長三が設計図を買い取り、パリと全く同じものを1981年4月に再現した。

ラ・リューシュから南アルプスに向かって歩くと、樹齢八十年の1本の檜に支えられ藤森照信の設計で2006年4月に完成した「茶室 徹」がある。見学は外観のみで茶室は実際にお茶を点てられることができ、人が動くと茶室も揺れるユニークな構造。北側には1989年にエッフェル塔完成100周年を迎えた際、芸術村に移設されたエッフェル塔の階段の一部とセザールによるエッフェル像もある。
自然光のみで作品を鑑賞する「光の美術館」

自然光のみで作品を鑑賞する「光の美術館」

平屋建てのゲストハウス「和心」

平屋建てのゲストハウス「和心」

エッフェル塔の階段のすぐ近くにあるコンクリート打ち放しの建物は、安藤忠雄の設計で2011年4月に開館した「光の美術館」。館内は人工照明が無く、ガラスで切り取られた天井の一角や壁のスリットから入る自然光の美しさを時間と共に体感できる。展示は2019年4月に杉本博司・榊田倫之の新素材研究所が設計して新しく追加されたゲストハウス「和心」の落成記念展が開催中。杉本博司の貴重な版画を掛け軸に仕立てた「華厳の滝」「海景」などが楽しめる。(会期は2019/4/6~6/30まで)

北側の奥にある「清春白樺美術館」は谷口吉生の設計で1983年4月に開館。緩やかな螺旋を描いた館内には、白樺派が愛したルオーやロダンなどの作品を展示。美術館の左右には同じく谷口吉生が設計した「ルオー礼拝堂」とオーガニックレストラン「ラ・パレット」もある。この他にも吉田五十八が設計した「梅原龍三郎アトリエ」などもあり、今後も発展していくという芸術村から目が離せない。
白樺派の理想が詰まった「清春白樺美術館」

白樺派の理想が詰まった「清春白樺美術館」

清春芸術村/Kiyoharu Art Colony

住所
〒408-0036 山梨県北杜市長坂町中丸2072 < 地図を表示 >
Tel
0551-32-5310
設計
「ラ・リューシュ」ギュスターブ・エッフェル(フランス)
「清春白樺美術館」「ルオー礼拝堂」「ラ・パレット」谷口吉生(日本)
「光の美術館」安藤忠雄(日本)
「茶室 徹」藤森照信(日本)
「梅原龍三郎アトリエ」吉田五十八(日本)
「和心」「素透撫 STOVE(内装デザイン)」新素材研究所(杉本博司+榊田倫之)(日本)
公式サイト
清春芸術村