アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」

アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」

館内の各所にアートがあり客室のベランダからは緑の芝生と瀬戸内海、さらには四国の山並みが一望できる直島「ベネッセハウス パーク」は2006年7月に開館。設計は直島で数々の建築を手掛けている安藤忠雄。

ベネッセハウス パークは宿泊施設だけではなく現代美術作家 杉本博司のサイトスペシフィック・ワークをはじめ、宿泊者だけが鑑賞できる作品が展示されている。建物は安藤建築では珍しく木が多用され温かみのある構造で、コンクリートとのコントラストが新鮮に映る。客室は全41室、ツインからスイートまで5つのタイプがあり、テラスレストランやスパ、ショップ、最大120名を収容できるパークホールも併設している。
コンクリートの打ち放しによるエントランス

コンクリートの打ち放しによるエントランス

客室は自然に溶け込むような造りの木造2階建て

客室は自然に溶け込むような造りの木造2階建て

宮浦港から車で約10分ほどでベネッセハウス パークに到着。フロントのコンクリート壁には細長いガラスの入ったスリットから光が差し込み、いかにも安藤忠雄らしい空間。宿泊棟入口前にはアントニー・ゴームリー本人の型を取ったオブジェ「サブリメイトIV」が迎えてくれる。支えなしで立っているのが不思議だが、宿泊者がフロントへ行く時にこのオブジェの存在を忘れて扉を開けると誰かがいるかと思い驚いてしまう。

フロントには木の階段があり地下へ降りると杉本博司の作品「光の棺」「松林図」「苔の観念」などが展示されている。さらにコンクリートの長い回廊を進み、スパとミュージアムショップを結ぶ水色の通路には壁に1万5千個のガラスキューブが埋め込まれたテレジータ・フェルナンデスの作品「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」が弧を描いて輝いている。昼と夜、横や正面から観る角度で違う表情を見せる。
テレジータ・フェルナンデス「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」

テレジータ・フェルナンデス「ブラインド・ブルー・ランドスケープ」

シンプルで心地よい客室

シンプルで心地よい客室

客室はコンクリートのエントランスやアートスペースとは全く異なる木の優しい雰囲気と白い壁でシンプルながら高級感が漂い、ジェームズ・タレルの版画がさりげなく飾られている。テレビはなくBOSEのオーディオのみで「ベネッセ=よく生きる」を考えさせられる落ち着いた空間は、ベランダから瀬戸内海や屋外作品を眺めているだけで癒される。アメニティはTHANN(タン)でこちらもリラックスできるとても良い香り。

ラウンジでは、ジョージ・リッキー「ペリスタイルV」を観ながら一休み。コーヒー・紅茶やお菓子が無料で、アート・建築関連の書籍や写真集がある。1日だけ台風の影響で行動できなかったためパークラウンジはとてもお世話になった。好きな本を読み、アートを鑑賞するだけの何とも贅沢な時間を過ごせた。
ジョージ・リッキー「ペリスタイルV」

ジョージ・リッキー「ペリスタイルV」

ベネッセハウス パーク/Benesse House Park

住所
〒761-3110 香川県香川郡直島町琴弾地 ベネッセハウス パーク < 地図を表示 >
Tel
087-892-2030
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
ベネッセハウス パーク
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク