世界の動物旅行を体験!「よこはま動物園ズーラシア」

世界の動物旅行を体験!「よこはま動物園ズーラシア」

横浜市旭区にある「よこはま動物園ズーラシア」は1999年4月に開園。日本最大級の都市型動物園で「生命の共生・自然との調和」をテーマに、動物たちを自然に近い姿で見ることができる。

よこはま動物園ズーラシアはZoo(動物園)とユーラシア (Eurasia) の造語で、ユーラシア大陸のように広大な意味が込められている。園内は世界の気候帯別、8つのゾーンに分けられ約110種780点の動物たちが暮らし、まるで世界一周の動物旅行をしている気分に。ポニーの引き馬(乗馬)体験やモルモット・パンダマウスとの触れ合い、四季折々の草花や野鳥が楽しめる「わんぱくの森」もある。
元気に動き回るレッサーパンダ

元気に動き回るレッサーパンダ

プールへのダイブも見せてくれるホッキョクグマ

プールへのダイブも見せてくれるホッキョクグマ

スタートは「アジアの熱帯雨林」で動物界のエリート、インドゾウから。エリートの理由はゾウは記憶力が良く一度覚えると忘れず、鏡に写った自分も認識できるなどとても賢い。ご飯を食べている時は美味しくて幸せなのか目が笑っているようでとても可愛い。ジャングルカフェに寄ってこの後のルートを確認。どうやらこのまま一筆書きのように進めば一巡できるが、とても広そうで楽しみ。

トラやライオンを見た後は「亜寒帯の森」へ。レッサーパンダは人気者で、子どもたちが食い入るように見ている。しっぽが太く愛嬌のある顔は反則。北極圏の動物たちとあってこの先は巨大水槽が続き、ペンギンや国内での飼育は珍しいミナミアフリカオットセイにホッキョクグマなど、水中の様子がしっかり観察できる。ホッキョクグマがプールへダイブして魚を捕まえるイベントは迫力満点。
解放感のある“アフリカのサバンナ”エリア

解放感のある“アフリカのサバンナ”エリア

仲良く行動を共にするキリン

仲良く行動を共にするキリン

カンガルーやタヌキにカピバラ、そして国内で初めて展示したオカピ(世界三大珍獣)など見ながら、一番奥地の「アフリカのサバンナ」へ。2015年4月に開園し、キリンやシマウマにエランド(シカに見えるけどウシ)などが広い敷地内を優雅に歩く。自然の中にいるような見せ方もとても素晴らしい。一通り見たつもりだが、想像以上に広くてゆっくり見るためには1日ではとても足りない。効率良く回るにはオカピ型の「ズッピ」と動物たちが描かれた「サバンナ号」の園内バスを活用したい。

園内にはレストランやカフェが数ヶ所あり、お昼時以外は席を確保しやすい。子どもが遊べる広場やアスレチックもあり1日ゆったり遊ぶことができる。そして整備が行き届きとても綺麗で何度でも遊びに来たくなる素敵な動物園。年間パスポートが2,000円とかなりお得なので購入しておこう。
子どもたちが楽しめる広場が所々に

子どもたちが楽しめる広場が所々に

よこはま動物園ズーラシア/YOKOHAMA ZOOLOGICAL GARDENS

住所
〒241-0001 横浜市旭区上白根町1175-1 < 地図を表示 >
Tel
045-959-1000
公式サイト
よこはま動物園ズーラシア