丹下健三設計の横浜を代表する美術館「横浜美術館」

丹下健三設計の横浜を代表する美術館「横浜美術館」

横浜市みなとみらい地区に位置し、シンメトリーで格調高い外観が特徴的な「横浜美術館」は1989年11月に開館。設計は日本人初のプリツカー賞受賞者で、建築界の第一人者として活躍した丹下健三。

横浜美術館は横浜博覧会(1989年3月)施設のために開設した後、美術館として開館。約10,000点のコレクションは横浜にゆかりの深い作家から、セザンヌ、ピカソなど19世紀後半から現代にかけての作品を幅広く所蔵する。企画展は「BODY/PLAY/POLITICS」が開催中で身体を通じて歴史と向き合い、未来へ向けて新たな意味を見出す作品を展示している。(会期は2016/10/1~2016/12/14まで)
シンメトリーで美しい外観

シンメトリーで美しい外観

広々としたグランドギャラリー

広々としたグランドギャラリー

槇文彦、谷口吉生、磯崎新、黒川紀章など、そうそうたる建築家を育成した丹下健三の作品を見るために横浜美術館へ。「美術の広場」前に約180mもの外壁が広がる建物が横浜美術館で、その外壁の下にカラフルな車が並んでいる。車の正体はホンダの展示イベントで一際注目を浴びている赤いNSXの価格は、何と23,700,000円!もはやアートとも言える車の内装もチェックして美術館のエントランスへ。

御影石が使用されたエントランスは高さ約20mもあり、左右にそれぞれ100m近く階段の展示空間が広がる。企画展「BODY/PLAY/POLITICS」は歴史から作り上げられた身体が生み出すイメージを、6人の作家が様々な角度から作品にしている。中でもウダム・チャン・グエンの作品「ヘビの尻尾 2015年/ビデオ・インスタレーション(3面)」は、ベトナムを象徴する原付バイクと排気ガスに見立てたビニールが舞い、商業都市の発展に複雑な歴史を垣間見ることのできる内容で印象的。
ウダム・チャン・グエン「ヘビの尻尾 2015年/ビデオ・インスタレーション(3面)」

ウダム・チャン・グエン「ヘビの尻尾 2015年/ビデオ・インスタレーション(3面)」

床の作品:熊井恭子「叢生(そうせい)’99」

床の作品:熊井恭子「叢生(そうせい)’99」

コレクション展も質が高く、2016年度第2期を開催中。展示は「描かれた横浜」「イメージをかさねる」「風を聴くー自然の気配をうつす美術」「かたちの変容」の4つのセクションで構成されている。各時代の表情を描いた横浜の歴史や風景に記憶を重ね、工業用のステンレススチール線で草むらを吹き抜ける風を表現した熊井恭子の作品「叢生(そうせい)’99」が壁の屏風と共鳴し素晴らしい作品。

鑑賞後は美術の広場に面した回廊にあるミュージアムショップとCafe 小倉山で一休み。ミュージアムショップはコレクションをデザインしたオリジナルグッズや草間彌生、奈良美智などの書籍類が豊富でかなりのお気に入り。カフェはサンドイッチが美味しくておすすめ。全体的に空間が広く作品が贅沢な間隔で配置されているため落ち着いて観ることができ、横浜の街と共に発展している素敵な美術館。
品揃えが充実しているミュージアムショップ

品揃えが充実しているミュージアムショップ

横浜美術館/Yokohama Museum of Art

住所
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1 < 地図を表示 >
Tel
045-221-0300
設計
丹下健三(日本)
公式サイト
横浜美術館