SANAA設計の街と共に成長する「金沢21世紀美術館」

SANAA設計の街と共に成長する「金沢21世紀美術館」

公園のように誰でも気軽に訪れることのできる「金沢21世紀美術館」は2004年10月に開館。設計は同年にヴェネチアビエンナーレ国際建築展の金獅子賞を受賞した建築ユニットのSANAA(妹島和世+西沢立衛)。

白い円盤形に全面ガラス張りの建物が特徴の金沢21世紀美術館は、“まるびぃ”(丸い美術館)や“21美”(にじゅういちび)という愛称で市民からも親しまれている。収蔵作品は空間全体を活かしたインスタレーションなど、世界で活躍しているアーティストたちの現代アートを展示。さらに金沢周辺の子どもたちを中心とした教育活動や産業・工芸デザインに刺激を与えるなど、地域社会の活性化にも大きく貢献している。
遊歩道から本多通り口エントランスを見る

遊歩道から本多通り口エントランスを見る

レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」

レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」

兼六園の真弓坂口から左前方に交差点を渡った場所にある金沢21世紀美術館へ。GW中のためチケットカウンターはかなりの行列だったが、思いのほか短時間で順番が回ってきた。有料の企画展は空間と戯れるデンマーク若手作家の「イェッペ・ハイン 360°」、音楽家ツエ・スーメイの作品「エコー」を中心に音楽をモチーフとした作品世界「サイレント・エコー コレクション展 I」が開催中。「交流ゾーン」と呼ばれる場所は入場無料で、想像力をかきたてる恒久展示作品をいつでも気軽に楽しむことができる。

最初はこの美術館を代表的する作品、レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。離れて見る限りは水の入った普通のプールだが、近づいて上から覗けば水中を人が歩き、下から見上げれば水の中にいるような感覚に。アートを上下で楽しむことは非常に珍しく、知らない人でも手を振り返してくれるなどコミュニケーションが生まれる素晴らしい作品。(プールの下に入るためには有料の展覧会観覧券が必要)
左:パトリック・ブラン「緑の橋」/奥:マイケル・リン「市民ギャラリー」

左:パトリック・ブラン「緑の橋」/奥:マイケル・リン「市民ギャラリー」

オラファー・エリアソン「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

オラファー・エリアソン「カラー・アクティヴィティ・ハウス」

美術館の中心部にある垂直庭園で有名なパトリック・ブランの「緑の橋」は、金沢の気候に適した約100種類の植物でできている。向かいには加賀友禅をモチーフに描かれたマイケル・リンの「市民ギャラリー」が壁一面を飾り華やかで可愛らしい。SANAAデザインのロッキングチェアもあり座ることができる。オラファー・エリアソンの屋外作品「カラー・アクティヴィティ・ハウス」は、色の三原色であるシアン・マゼンタ・イエローの色ガラスが渦巻き状となり、見る場所や太陽の光によって無限に色が変わる。

金沢21世紀美術館といえば施設についても。心地よい日差しを浴びながら寛げるカフェ、オリジナルグッズがとても素敵なミュージアムショップ、アートライブラリーや託児所、そして茶室まである充実ぶり。無料ゾーンは22時まで開いているため、静寂でとても落ち着いた雰囲気の美術館を味わうことができる。
昼間とは違う一面を見せる夜の館内

昼間とは違う一面を見せる夜の館内

金沢21世紀美術館/21st Century Museum of Contemporary Art Kanazawa

住所
〒920-8509 石川県金沢市広坂1-2-1 < 地図を表示 >
Tel
076-220-2800
設計
SANAA(日本)
公式サイト
金沢21世紀美術館

スポンサーリンク