90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」

90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」

廃墟となった銅製錬所の遺構を美術館として保存・再生した「犬島精錬所美術館」は2008年4月に開館。環境に負荷を与えないよう電気を使用せず、自然エネルギーだけで館内を快適に保つ設計は三分一博志。

犬島は岡山県で唯一人が住む小さな島。古くは御影石の産地で栄えたが、近代化に伴い帯江鉱山の製練所が1909年3月に創業した。一時は5,000人以上が暮らす島に発展するも、銅価格が暴落してわずか10年で閉鎖。約90年放置され廃墟と化した跡地をベネッセアート直島代表の福武總一郎が買い取り、犬島アートプロジェクトを開始した。美術館は三分一博志の建築と柳幸典の作品で構成され、独特な世界観を表現している。
曇り空も相まって廃墟感漂う入口

曇り空も相まって廃墟感漂う入口

煙突や工場に多用されるカラミ煉瓦

煙突や工場に多用されるカラミ煉瓦

犬島は豊島の家浦港から高速旅客を使用して約25分で到着。船から降り目の前にある民宿を立て替えた犬島チケットセンターへ。犬島精錬所美術館は時間制のため、併設しているショップやカフェでのんびりと待つことに。カフェでいただいた犬島ぜんざいは、白玉ではなくそうめんが入っていて不思議な食感。時間となり海沿いを歩いて門に着くと精錬所の看板には錆加工が施され、異世界への入口を主張していて雰囲気がある。

敷地内はカラミ煉瓦造りの工場跡や煙突のみで、どんよりした曇り空も相まって廃墟感に圧倒される。カラミ煉瓦とは鉱石の製錬過程から銅を取り除いた後の“かす”からできる煉瓦で、鉄分を含み一つ一つがとても重い。火力発電所跡もあり朽ち果てた様は少し切なくなるが、ヨーロッパの教会のような雰囲気がありとても素敵。ちなみにこの魅力ある場所は、1984年に放送された「西部警察」の最終回ロケ地として使用された。
美術館と煙突、新旧の建物が違和感なく共存

美術館と煙突、新旧の建物が違和感なく共存

非日常的な景色が広がる

非日常的な景色が広がる

犬島精錬所美術館は4つの要素「遺産・建築・アート・環境」による循環型社会をコンセプトに掲げている。太陽光や地熱などの自然エネルギーから冷たい空気・暖かい空気を作り出して室温を保ち、煙突はその重要な役割を果たす。植物の力を借りた水質浄化システムも導入され、廃墟どころか周囲の環境に負荷をかけない未来の建物は、2007年に経済産業省から近代化産業遺産群(文化遺産)の一つに認定されている。

館内には柳幸典の作品が建築の機能と一体となった6つの作品を「ヒーロー乾電池」と総称して展示されている。中でも「ミラー・ノート」という作品は、襖の奥に合わせ鏡の要領で赤い文字が浮かんでは流れ呪文のようで少し怖いが、三島由紀夫をモチーフとしたアート空間なので納得。最後に精錬所カフェで休憩したかったが、家プロジェクトを観る時間が足りなくなるため泣く泣く諦める。次回は滞在時間を延ばして再訪したい。

※2013年3月20日に犬島アートプロジェクト「精錬所」が「犬島精錬所美術館」へ名称変更。
三島文学の作中文を金色の文字にした「ソーラー・ノート」

三島文学の作中文を金色の文字にした「ソーラー・ノート」

犬島精錬所美術館/Inujima Seirensho Museum

住所
〒704-8153 住所:岡山県岡山市東区犬島327-5 < 地図を表示 >
Tel
086-947-1112
設計
三分一博志(日本)
公式サイト
犬島精錬所美術館
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク