希望と夢を残した小淵沢「中村キース・ヘリング美術館」

希望と夢を残した小淵沢「中村キース・ヘリング美術館」

八ヶ岳の裾の尾に位置し、キース・ヘリングの作品を中心に展示する世界で唯一の美術館「中村キース・ヘリング美術館」は2007年4月に開館。設計は都市計画・舞台美術なども手掛ける北川原温。

キース・ヘリングはストリートアートの先駆者として1980年代のアメリカを代表する芸術家。中村キース・ヘリング美術館はそのヘリングの作品を、創設者の中村和男が1987年より収集する約300点を収蔵している。2015年3月には2つの新しい展示スペースやポップショップを拡張して「美術館を超えた美術館」をテーマにリニューアル。インフレ激化で経済が混沌とする1980年代のアメリカで希望や夢を与え続けたヘリングの思考や人生、そして作品が放つメッセージを体感できる。

ヘリングの世界へ誘う闇へのスロープ

ヘリングの世界へ誘う闇へのスロープ

巨大な作品が並ぶ希望の展示室

巨大な作品が並ぶ希望の展示室

誰もが一度は目にしたことがあると思われるポップで色鮮やかなキース・ヘリングの作品を観るために、小淵沢の中村キース・ヘリング美術館へ。自然に囲まれ傾斜の地形をそのまま活かして建てられた美術館は現代的でニューヨークを思わせる独特の雰囲気が特徴的。展示空間は闇へのスロープから闇の展示室・希望の展示室へと繋がり、ヘリングが駆け抜けた時代の光と影を表現している。

開催中の展覧会は「Keith Haring: Humanism -博愛の芸術-」で、アートはプロパガンダではなく全ての人が楽しむものという思想を紹介。メインとなる希望の展示室では巨大なアルミニウムにペイントした「無題(踊る2人のフィギュア)」など立体作品が点在。最盛期だったクラブカルチャーの熱気が伝わる「スウィート・サタデー・ナイト」も見どころ。明るく開放的な空間は四方から自分の好きな角度で、ゆったりと楽しむことができる。(会期は2019/4/13~2020/1/13まで)

ハートの鏡が可愛い空のステージ

ハートの鏡が可愛い空のステージ

ダイナミックな壁のミュージアム・シアター

ダイナミックな壁のミュージアム・シアター

続けて屋外の空のステージへ。不思議な形で赤と青のポップな大屋根があり、ステージ中央のハートのオブジェは鏡になっていて空や八ヶ岳の自然を写し込む。ベンチもありここで日向ぼっこをして気持ち良い一時を過ごす。館内に戻り自由の展示室ではニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動するアーティスト「大山エンリコイサム個展 VIRAL」も開催中。(会期は2019/5/18~2020/3/22まで)

最後の回廊を抜けると屋外のミュージアム・シアターへ。イベントなども開催される中庭は、稲妻型の壁と円が重なる地面のコントラストが面白い。最後はポップショップとカフェで一休み。ショップはここでしか購入できないオリジナルグッズや、世界各国から輸入した限定アイテムを揃えている。そしてカフェのデザインがとても素敵で、ヘリングの世界に囲まれてコーヒーでリラックス。個性豊かなスタッフに、作品・建築の見どころが尽きない中村キース・ヘリング美術館はとてもおすすめ。

当時のポップショップを再現

当時のポップショップを再現

中村キース・ヘリング美術館/Nakamura Keith Haring Collection

住所
〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町10249-7 < 地図を表示 >
Tel
0551-36-8712
設計
北川原温(日本)
公式サイト
中村キース・へリング美術館