出会いと別れを彩り、新たな時代を築く「ベルリン中央駅」

出会いと別れを彩り、新たな時代を築く「ベルリン中央駅」

2006年ドイツワールドカップ開催に合わせ同年3月に開業した「ベルリン中央駅」。設計はベルリン・テーゲル空港の建築で知られる建築家集団“GMP”のマインハルト・フォン・ゲルカン。

ベルリン中央駅はドイツの首都ベルリンの主要駅で、ヨーロッパでも最大級のターミナル駅として毎年約30万人が利用している。駅は巨大で5層構造からなり、地下2階と地上2階に列車のプラットホームが全部で14ある。中間の階はお土産以外にショピングモールといっても通用するショップが立ち並ぶ。
鉄筋とガラス張りが特徴的な外観

鉄筋とガラス張りが特徴的な外観

南側エントランスから入った駅構内

南側エントランスから入った駅構内

ベルリン中央駅はドイツ語で“Berlin Hauptbahnhof”と書きハウプト(haupt)は 「主要な」、バーンホフ (Bahnhof)は「駅」を意味する。1990年に東西ドイツが統一、1991年にはベルリンがドイツの首都と定められ、近未来的なガラス張りの外観は開かれたドイツの象徴と思わせるほどの存在感。

駅には改札がなく、オープンな状態なためチケットが無くてもホームまで入ることができる。実際に乗車するには乗車券が必要なため回数券を購入。改札が無い代わりに信用乗車方式を採用し、電車内で検札員が検査をして乗車券がないと40ユーロの罰金が科せられるとの事。
ベルリンの情報が揃う「ツーリストインフォメーション」

ベルリンの情報が揃う「ツーリストインフォメーション」

吹き抜けでダイナミックな空間

吹き抜けでダイナミックな空間

高速列車(ICE)やSバーン(都市近郊鉄道)など多くの列車が乗り入れる巨大な駅だが、一度電車を利用すると構内の位置関係が非常に分かりやすい。多くの駅は上下や空間が分断されるがこの駅は吹き抜けのため全体を見渡すことができる。出会いや別れの場面が遠くからでも分かるのがとても素敵。

もう一つ便利なのが週末でもスーパーマーケットやドラッグストア、レストラン・カフェにブティックなどのお店が朝から晩まで営業しているため出発時間まで楽しく過ごせる。ベルリン最終日もお世話になったこの駅を最後に寝台列車でパリへ。閑散とした夜のホームも別れの雰囲気に相応しい。
パリ行きの寝台列車を待つ地下のホーム

パリ行きの寝台列車を待つ地下のホーム

ベルリン中央駅/Berlin Central Station

住所
Hauptbahnhof, Europaplatz 1, 10557 Berlin, Germany < 地図を表示 >
Tel
+49 30 2971055
設計
マインハルト・フォン・ゲルカン(ドイツ)
公式サイト
Berlin Hauptbahnhof