モダンデザインの原点、ベルリン「バウハウス アーカイブ」

モダンデザインの原点、ベルリン「バウハウス アーカイブ」

ベルリン中心地から西に離れたティーアガルテン地区に位置する「バウハウス アーカイブ」は1979年に開館。設計は建築・美術の教育機関「バウハウス」の創立者、ヴァルター・グロピウス。

バウハウス アーカイブはモダンデザインの基礎を築き、建築や美術・デザインに多大な影響を与えたバウハウス造形学校の資料や歴史(1919~1933)を展示しているミュージアム兼資料館。正式名称は「バウハウス アーカイブ ミュージアム オブ デザイン」。僅か14年の歴史であったが、建築界の巨匠ミース・ファン・デル・ローエや抽象絵画のパウル・クレーを筆頭に、グラフィックやプロダクトでも影響を与える多彩かつ豪華なマイスターたちがバウハウスの思想を後世に伝播していった。
バウハウスを象徴する三原色を使用したカラフルな看板

バウハウスを象徴する三原色を使用したカラフルな看板

建物の入口までは緩やかな下りのスロープが続く

建物の入口までは緩やかな下りのスロープが続く

新ナショナルギャラリーに寄った後、天気が良かったためゆっくり歩いて30分ほどでバウハウス アーカイブに到着。建物の入口までは長いスロープが続き、ラントヴェーア運河のほとりに静かに佇む白い低層建築を眺めながら下りて行く。エントランスの看板とポールは直線と円の幾何学的模様でデザインの基本形。バウハウスらしいカラフルな配色で、建物に対する良いアクセントになっている。

ミュージアムパスを見せ地下のロッカーに荷物を預けに下りると、階段と床には木口面の見えるタイルが丁寧に敷き詰められている。館内はミースのバルセロナ・パビリオンにデッサウの本校舎などの建築模型や、家具・生活道具を展示。中でもバウハウスの代名詞とも言えるマルセル・ブロイヤーのパイプ椅子は、時代と共に進化していく様子が分かりとても興味深い。展示品について詳しく知りたい場合は、入館料に含まれている音声ガイドを借りるのがおすすめ。嬉しいことに日本語もある。
白を基調とした低層の建物

白を基調とした低層の建物

ステーショナリーや雑貨などすべて素敵なデザイン

ステーショナリーや雑貨などすべて素敵なデザイン

決して広くはないが、バウハウスの機能美を詰め込んだ作品や資料はどれも質が高く見応え十分。バウハウス陣営の教材もある。最後は併設しているミュージアムショップとカフェへ。おもちゃや食器、調理器具にポスターなど素晴らしいデザインばかり。迷いに迷ってバウハウスのポスター4種類とレードル2点を購入。ペンやネフ社のキュービックスも買えば良かったと後で後悔することに…。

買い物も終わりカフェテラスで一休み。テーブルとチェアもバウハウスらしいデザインでこれまた素敵。もちろん座り心地も抜群で、カプチーノがより一層美味しい気がする。モダンデザインの原点・歴史に触れた余韻に浸りながら、やはりデッサウにあるバウハウスを観てみたいと思う。
購入できるポスターが一面に張られたカフェ

購入できるポスターが一面に張られたカフェ

バウハウス アーカイブ/Bauhaus Archive

住所
Klingelhöferstraße 14, 10785 Berlin, Germany < 地図を表示 >
Tel
+49 30 2540020
設計
ヴァルター・グロピウス(ドイツ)
公式サイト
Bauhaus-Archiv