優しく夢を伝える「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」

優しく夢を伝える「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」

「ドラえもん」「オバケのQ太郎」「キテレツ大百科」などの名作を生み出した、漫画家 藤子・F・不二雄の作品が展示されている「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」は2011年9月に開館。設計は日本設計。

藤子・F・不二雄ミュージアムは1999年2月に藤子夫人から「作品を応援してくれた子供たちへ恩返しをしたい」との申し入れがあり、12年もの歳月をかけて誕生した。館内は原画の常設・企画展を中心にキャラクターと一緒に撮影できる「はらっぱ」、実際に漫画を読める「まんがコーナー」、作品にちなんだオリジナルメニューが楽しめる「ミュージアムカフェ」など、魅力的な施設が満載で子供から大人まで楽しめる。
ドラえもんとおなじみの空き地の土管

ドラえもんとおなじみの空き地の土管

芝生の上でパーマン1号と2号がひなたぼっこ

芝生の上でパーマン1号と2号がひなたぼっこ

藤子・F・不二雄のアニメで育ち、一度は行ってみたいと思っていたミュージアム。チケットは完全予約制で事前にローソンのみで購入でき、ミュージアムでは販売していなためご注意を。入館時間も1日4回の指定となっていて、初回10時を予約し10分前に到着したがすでに長蛇の列。恐るべし、ドラえもん。。。

入館後、順路通りに回る場合は原画の展示室からとなるが、混雑を予想して3階の「はらっぱ」からスタート。生田緑地の自然を満喫できる屋上スペースにドラえもん・恐竜のピー助・実寸サイズのどこでもドア、オバケのQ太郎、キテレツ大百科などのオブジェがあり一緒に写真が撮れる嬉しいフォトスポット。2階の「まんがコーナー」は、どら焼きを食べているドラえもんと一緒に懐かしさに浸りながら漫画を読む。ひみつ道具アーカイブやクイズにガチャポンなど遊べるコーナー「みんなのひろば」も大人気。
SF(すこしふしぎな)体験ができる遊び場

SF(すこしふしぎな)体験ができる遊び場

5周年特別企画「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」

5周年特別企画「ドラえもん名作原画展 ミュージアムセレクション」

1階は常設展のカラー原画、2階の企画展は開館5周年を記念してドラえもん名作原画が展示されている。入館時に受け取った「おはなしデンワ」は展示室で使用するためのアイテムで、音声ガイドにて各作品の理解を深めることができる。漫画の制作過程を紹介するプロジェクションは見せ方が面白く、2階展示室の奥にある綺麗なジャイアンに会える「きこりの泉」は、水から出てくるジャイアンにただただ笑ってしまう。

お昼は3階の「ミュージアムカフェ」へ。予約だけ済ませスマホで順番が確認できるため、待ち時間も有効に使える。それほど待たずに入るとキャラクターをモチーフとしたオリジナルメニューが豊富で、食べられないと分かっていても頼みたくなるほどどれも可愛らしい。どの施設も所々に藤子・F・不二雄らしい優しさと遊び心、そしてこだわりを詰め込み多くの世代に夢を伝え続ける素敵なミュージアム。
ミュージアムカフェのオリジナルメニュー

ミュージアムカフェのオリジナルメニュー

川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム/Fujiko·F·Fujio Museum, in Kawasaki-city

住所
〒214-0023 神奈川県川崎市多摩区長尾2-8-1 < 地図を表示 >
Tel
0570-055-245
設計
日本設計(日本)
公式サイト
川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム

スポンサーリンク