直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」

直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」

ウォルター・デ・マリア、ジェームズ・タレル、クロード・モネとわずか3人の作品が恒久的に展示され、建物全体が地中に埋設された直島「地中美術館」は2004年7月に開館。設計は直島で4件目となる安藤忠雄。

ベネッセアートサイト直島代表の福武總一郎がクロード・モネの「睡蓮」を購入したことがきっかけで構想が具体化した地中美術館。アーティストとキュレーターが安藤忠雄と意見を交わし、展示室が単なるボックスではなく、作品が最適な状態で鑑賞できる妥協なき空間を作り上げた。さらに地中でありながら採光の殆どは自然光が随所に採り込まれ、時間の経過と共に作品の表情が変わるのも魅力の一つとなっている。
光と影のコントラストが美しい館内の通路

光と影のコントラストが美しい館内の通路

地形と同化している地中カフェの外観

地形と同化している地中カフェの外観

地中美術館は宿泊したベネッセハウス パークから車で5分程の距離にある。美術館から少し離れたチケットセンターの駐車場に車を停め、チケット購入後に館内の説明を聞いて美術館へ。入り口までの道のりには、約200種類の草花や木樹でクロード・モネの庭園をイメージした「地中の庭」がある。睡蓮や花・柳など四季を通じて楽しめる庭園で、専門の庭師がいるため手入れが隅々まで行き届いている。

エントランスからは打ち放しのコンクリートが続き館内へ。建物は安藤忠雄らしいスリットや、無駄を削ぎ落としたデザインが厳かで緊張感ある空間を演出している。最初の作品はウォルター・デ・マリアの「タイム/タイムレス/ノー・タイム 」。室内は広く、金箔を施した木が27本あり神殿のような造り。階段の途中には直径2.2mの黒い球体が、天井からの自然光を映し出す。階段を転がってしまいそうな球体が気になり、スタッフへ質問すると「下から杭が刺さっているので大丈夫です」と笑顔で優しい返答をいただく。
天気が良いのでカフェの外で一休み

天気が良いのでカフェの外で一休み

カフェからの瀬戸内海とベネッセハウス ミュージアム

カフェからの瀬戸内海とベネッセハウス ミュージアム

次はジェームズ・タレルの作品で「アフラム、ペール・ブルー」「オープン・フィールド」「オープン・スカイ」の3点。光と空間を目の錯覚で楽しみ、そして驚く。普段意識していない光に対して美しさと感動を再認識させてくれる。そして最後はクロード・モネ「睡蓮」の5作品。白い壁と大理石の床に自然光が降り注ぎ、作品が引き立ちとても美しく神秘的。睡蓮だけのためにあるこの空間は今回1番のお気に入り。

鑑賞後は「地中カフェ」で一休み。飲み物を可愛いバスケットに入れて外に出て、瀬戸内海を見下ろしながら心地よい時間が過ごせる。ミュージアムショップ「地中ストア」では地中美術館限定のオリジナルグッズや建築・アーティストの関連書籍を取り揃え、インテリアデザインは安藤忠雄が手掛けている。隅々まで計算された地中美術館は作品と建築、そして自然との融合が素晴らしく一際完成度が高い美術館だった。
チケットセンターから美術館へ向かう途中にある「地中の庭」

チケットセンターから美術館へ向かう途中にある「地中の庭」

地中美術館/Chichu Art Museum

住所
〒761-3110 香川県香川郡直島町3449-1 < 地図を表示 >
Tel
087-892-3755
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
地中美術館
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク