棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」

棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」

小豆島と直島の間に位置する豊島。その島の瀬戸内海を見下す小高い丘にある「豊島美術館」は2010年10月開館。設計は同年に妹島和世との建築ユニット「SANAA」でプリツカー賞を受賞した西沢立衛。

瀬戸内の潤沢な漁場と農産物に恵まれて文字通り「豊かな島」であった豊島。過疎化が進み使用されなくなっていた棚田を地元住民と共に再生させ豊島美術館が建てられた。水滴のような白い外観に内部の柱は無く、屋根に空いた2つの穴から建物自体が呼吸するかのように光や風を採り込んでいる。内部は内藤礼の作品「母型」が展示され、足元の水滴がまるで生き物のように形を変えながら動く姿はとても神秘的。
美術館の近くになると美しい棚田が見えてきた

美術館の近くになると美しい棚田が見えてきた

建物の殆どが地中に埋まっているチケットセンター

建物の殆どが地中に埋まっているチケットセンター

昔の素朴さも残る豊島の家浦港へは、直島の宮浦港から高速旅客船で約20分。移動手段はシャトルバスを予定していたが発車時刻まで時間があるため、豊島観光協会で電動自転車をレンタル。美術館への道のりは急勾配が続くが電動自転車のおかげで周りの景色を楽しむ余裕があり、途中で青木野枝の作品「空の粒子/唐櫃」を観る。しばらく進むと下り坂が続き、まるで瀬戸内海へ飛び込むかのように豊島美術館へ到着。

チケットセンターからは曲線のアプローチを経て、棚田や瀬戸内海の景色を眺めながら水滴を模した外観の入口へ。靴を脱いで中に入るとコンクリート・シェル構造の広々とした空間で、遮るものが何もなくフォルムがとても女性的。継ぎ目のない薄く滑らかなコンクリート屋根には2つの丸い穴があり、空や木が覗いている。靴を脱ぐのは単に汚さないためかと思いきや、よく観ると床から小さな水滴がプクプクと湧き出ている。
美術館へのアプローチ

美術館へのアプローチ

1滴の水が地面に落ちた瞬間のような外観

1滴の水が地面に落ちた瞬間のような外観

水滴の正体は繊細で美しい作品を手掛ける現代美術家・内藤礼の作品「母型」。水滴は微妙な傾斜の床をコロコロ流れ、1つの泉となりやがて穴へと消えていく。たったこれだけのことなのに、観ていて全く飽きない。むしろ軽やかに転がる水が意識を持って動いているようで、無心となり見入ってしまう。時々風を感じたり鳥の声が聞こえてくるのも気持ち良く、今まで観た美術館の中でもかなり素晴らしかったと思わせる作品。

鑑賞後は美術館のすぐ近くにあるショップとカフェで一休み。ショップはオリジナルグッズや書籍が購入でき、カフェでは棚田で採れたお米や豊島産の果物を食べることができる。小さな島に最高の建築と最高の作品、さらに瀬戸内海や棚田などの環境から“本当の豊かさ”について改めて考えさせられる場所だった。
美術館に隣接しているカフェ&ショップ

美術館に隣接しているカフェ&ショップ

豊島美術館/Teshima Art Museum

住所
〒761-4662 香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃607 < 地図を表示 >
Tel
0879-68-3555
設計
西沢立衛(日本)
公式サイト
豊島美術館
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク