科学やテクノロジーが集結したパリ「シテ科学産業博物館」

科学やテクノロジーが集結したパリ「シテ科学産業博物館」

パリのラ・ヴィレット公園にある欧州最大級の科学館「シテ科学産業博物館」は1986年3月に開館。設計はストラスブール近現代美術館を手掛けたことでも有名なアドリアン・ファンシルベール。

シテ科学産業博物館が建つラ・ヴィレット公園はパリ北東部の郊外との境に位置し、サン=ドニ運河が南北を、ル-ルク運河が東西に交差している。1980年代のパリ再開発計画「グラン・プロジェ」にて、食肉処理場の跡地をスイス人建築家のバーナード・チュミが設計して生まれ変わった。面積が55ヘクタールと広大な公園で、他に音楽博物館や多目的ホールもある。シテ科学産業博物館は科学館・プラネタリウム・ドームシアター・図書館など充実した施設で、子どもから大人まで楽しめる。
ラ・ヴィレット公園を横切るル-ルク運河

ラ・ヴィレット公園を横切るル-ルク運河

吹き抜けで開放的な館内

吹き抜けで開放的な館内

シテ科学産業博物館は地下鉄ラ・ヴィレット駅のすぐ目の前にあり、ガラスや鉄が使用された近代的な建築。建物は地下2階~地上3階建てで、生命と宇宙に関する3つのコンセプトが備わっている。1つ目は生命と宇宙をつなぐ「水」が建物を囲み、2つ目はエネルギーの源となる「光」がガラス張りの天井から降り注ぐ。3つ目は「植物」で公園側に大きな温室が自然エネルギーを利用して設置。

館内は中央に吹き抜けの大空間が広がり、チケットは1階で購入。展示フロアは2階と3階で交通・イノベーション・エネルギー・宇宙・光・遺伝子などテーマごとに展示。難しい内容でも視覚的に理解できる作品も多く、展示方法やデザインもかなり秀逸。企画展もユニークなテーマで、科学を楽しめるよう毎回趣向を凝らしている。子ども連れの場合は、有料になるが1階の遊び場も用意されている。
展示デザインも楽しめる要素

展示デザインも楽しめる要素

光の使い方が綺麗な宇宙の展示室

光の使い方が綺麗な宇宙の展示室

3階でプラネタリウムを見ようと移動するとすでに満席。かなり人気のプラネタリウムでWebからの事前予約が確実。屋外のル-ルク運河沿いにあるのはステンレス・スティール張りの球体「ラ・ジェオード」と呼ばれるドームシアター。座席はすべてリクライニングで科学や生命に関するドキュメンタリー映画を中心に上映。3D映像も可能で、迫力の円形スクリーンに驚きの視聴体験ができる。

休憩は地下2階のレストランで、地中海沿岸に生息する魚の水槽を眺めながら一休み。規模は小さいが3つのプールに分かれ、解説付きの魚を探し当てる楽しみ方もできる。ショップは科学館らしい簡単な実験セットや、ロボットなどのハイテクキットが豊富でお土産におすすめ。シテ科学産業博物館は所蔵コレクションが無い代わりに、五感に響くような展示で科学の魅力を伝える素敵な科学館。
映り込む景色もたのしいラ・ジェオードの球面

映り込む景色もたのしいラ・ジェオードの球面

シテ科学産業博物館/Cite des sciences et de l’industrie

住所
30 Avenue Corentin Cariou, 75019 Paris, France < 地図を表示 >
Tel
+33 1 40 05 70 00
設計
アドリアン・ファンシルベール(フランス)
公式サイト
Cite des sciences et de l’industrie