科学やテクノロジーが集結したパリ「シテ科学産業博物館」

科学やテクノロジーが集結したパリ「シテ科学産業博物館」

パリのラ・ヴィレット公園にあり欧州最大級の科学博物館「シテ科学産業博物館」は1986年3月に開館。設計はストラスブール近現代美術館を手掛けたことでも有名なアドリアン・ファンシルベール。

ラ・ヴィレット公園はパリ北東部の郊外との境に位置する。食肉処理場(屠殺場)の跡地を1980年代のパリ再開発計画「グラン・プロジェ」にてスイス人建築家のバーナード・チュミが設計して生まれ変わった。面積が55ヘクタールと広大な公園のシンボルがシテ科学産業博物館で、他に音楽博物館や多目的ホールもある。さらにサン=ドニ運河が南北を、ル-ルク運河が東西に交差しているのも特徴的。
ラ・ヴィレット公園を横切るル-ルク運河

ラ・ヴィレット公園を横切るル-ルク運河

吹き抜けで開放的な館内

吹き抜けで開放的な館内

シテ科学産業博物館は地下鉄ポルト・ラ・ヴィレット駅のすぐ目の前にあり、ガラスや鉄が使用された近代的な建築。建物は3階建てで生命と宇宙に関する3つのコンセプトが備わっている。ひとつは生命と宇宙をつなぐ「水」が建物を囲み、2つ目はエネルギーの源となる「光」がガラス張りの天井から降り注ぐ。3つ目は「植物」で公園側に大きな温室が自然エネルギーを利用して設置されている。

館内は中央の吹き抜けの大空間を中心に、交通・イノベーション・エネルギー・宇宙・光・遺伝子などテーマごとに見学できる。1階でチケットを購入して中に入るとまずは子供が自由に遊べるエリアがある。展示室は2階と3階にあり体験や学習できる内容はもちろん、展示方法やデザインもかなり素敵。
展示パネルのデザインも楽しめる要素

展示パネルのデザインも楽しめる要素

光の使い方が綺麗な宇宙の展示室

光の使い方が綺麗な宇宙の展示室

3階でプラネタリウムを見ようと思ったらすでに満席。かなり人気のプラネタリウムでWebからの事前予約をした方が確実とのこと。施設の中で一番の目玉はル-ルク運河沿いあるステンレス・スティール張りの球体「ジェオード」と呼ばれるドームシアター。座席はすべてリクライニングで科学や生命に関するドキュメンタリー映画を中心に上映している。スクリーンが円形のため、なかなか映像に迫力がある。

休憩は1階のファーストフードで、地中海沿岸に生息する魚の水槽を眺めながら休憩できる。ショップもかなり広く科学博物館らしく簡単な実験セットが豊富でお土産におすすめ。シテ科学産業博物館はテーマごとのストーリーやカラーリングが素晴らしく、大人から子供まで十分楽しむことができる。
映り込む景色もたのしいジェオードの球面

映り込む景色もたのしいジェオードの球面

シテ科学産業博物館/Cite des sciences et de l’industrie

住所
30 Avenue Corentin Cariou, 75019 Paris, France < 地図を表示 >
Tel
+33 1 40 05 70 00
設計
アドリアン・ファンシルベール(フランス)
公式サイト
Cite des sciences et de l’industrie

スポンサーリンク