李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」

李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」

直島の「李禹煥美術館」は瀬戸内国際芸術祭2010のプレオープンとして2010年6月に開館。谷あいから海へとつながる地形を活かした設計は、同島のベネッセハウス・地中美術館に続いて安藤忠雄。

李禹煥美術館はベネッセハウス ミュージアムから歩いて数分、瀬戸内海を臨む谷あいにひっそりと佇む。李禹煥(リ・ウファン)は韓国生まれでドイツやイタリア、アメリカなど欧米中心に活動し、国際的な評価を得ている現代美術家。この美術館は李禹煥初の個人美術館で、1970年以降の彫刻や絵画が展示されている。施設は展示室以外にストアのみと小規模だが、作品と建築が共鳴したスケールの大きさを感じることができる。
美術館へはコンクリート壁が視界を遮る階段を下りていく

美術館へはコンクリート壁が視界を遮る階段を下りていく

鉄板・自然石の作品「関係項-対話」

鉄板・自然石の作品「関係項-対話」

あえて海への眺望を遮るようなコンクリート壁を左側に感じながら階段を下りると、視界が開け芝生広場にある2枚の鉄板と自然石の作品が出迎えてくれる。その先へ進むと玉石が敷き詰められた正方形の前庭に辿り着き、横幅約50mほどのコンクリート壁に対して垂直に伸びる細長い石柱が存在感を示している。美術館は地中美術館同様に地下へ埋設された構造となっているため、この場所からは全容が殆ど分からない。

水平を強調したコンクリート壁の裏側は美術館入口への長いアプローチで、途中には暖色の作品「関係項-しるし」がある。美しく仕上げられたコンクリートに挟まれ青空を見上げながら進むと、李禹煥が演出した洞窟のように暗い入口を視界に捉え緊張が高まる。吸い込まれるような感覚になりながら中へ入り、チケットセンターでチケットを購入後、中庭にある作品「照応の広場」を観てからいよいよ館内へ。
コンクリート柱・自然石・鉄板の作品「関係項-点線面」

コンクリート柱・自然石・鉄板の作品「関係項-点線面」

真っ暗で吸い込まれそうな美術館の入り口

真っ暗で吸い込まれそうな美術館の入り口

館内は「出会いの間」「沈黙の間」「影の間」「瞑想の間」で仕切られ、中でも「影の間」の作品「関係項-石の影」は自然と人間の普遍的な営みを映像にしたものが石の影に投影され思わず見入ってしまう。「瞑想の間」では靴を脱いで座ったり、時には横になりながら作品の「対話」と時間を静かに共有する。李禹煥の石に対するこだわりはかなり強く、美術館の作品に使用されている石も岡山や周辺で1年かけて選定している。

作品数は少ないが一つ一つ時間をかけて向き合うことができ、心身ともにリラックス。引き締まった空間も非日常的で素晴らしい。本来はこのままカフェで余韻に浸りたかったが、美術館にはカフェがなく少し残念。李禹煥の書籍やオリジナルグッズを扱うストアを覗き、外の広場で一休みをして美術館を後にした。
贅沢な景色をのんびりと独り占め

贅沢な景色をのんびりと独り占め

李禹煥美術館/Lee U-Fan Museum

住所
〒761-3110 香川県香川郡直島町字倉浦1390 < 地図を表示 >
Tel
087-892-3754
設計
安藤忠雄(日本)
公式サイト
李禹煥美術館
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク