絵本から育む大切さを学ぶ熱海「戸田幸四郎絵本美術館」

絵本から育む大切さを学ぶ熱海「戸田幸四郎絵本美術館」

知育絵本の草分け的存在、戸田幸四郎の原画を展示している「戸田幸四郎絵本美術館」は1997年11月に開館。絵本の世界観を表現するために、設計から内装・展示・カフェメニューまで本人がデザインした。

熱海市の網代湾を望む山の中腹、閑静な別荘地にひっそりと佇む戸田幸四郎絵本美術館。自然との共生をテーマに設立された美術館には知育絵本の元祖「あいうえおえほん」をはじめ、太宰治の「走れメロス」や宮沢賢治の「竜のはなし」などの原画が展示されている。DVDコーナーでは絵本を映像化した作品が流れ、さらに館内の絵本を庭に持ち出し自然の中で絵本の世界に浸ることもできるなど個人美術館として評価も高い。
小さなスペースでも素敵なエントランス

小さなスペースでも素敵なエントランス

エントランスから見渡す館内

エントランスから見渡す館内

熱海の海沿い国道135号から車のナビと看板を頼りにくねくねと約15分登ると、白い建物の戸田幸四郎絵本美術館に到着。駐車場から美術館への短いアプローチには小さな噴水や緑があり、静かな場所で雰囲気がとても良い。美術館はコンクリート打ち放しでシンプルな建物。エントランスは2階となりガラス正面には遠く海が見え、館内は左手にミュージアムショップと展示室が1階に続き、右手にはカフェで構成されている。

最初の展示室は「昆虫とあそぼう」という絵本の原画コーナーで、昆虫の実サイズや説明が可愛いイラストで描かれている。階段で1階に下りると「あいうえおえほん」「走れメロス」「竜のはなし」を中心に「雪ぐにの巨大な青むし」「からす」など多数の原画が展示されている。名作・創作絵本を読み聞かせの映像にした作品も常時放映され、座って見ていると大人も絵本の世界に引き込まれてしまう。
可愛い絵本の原画が並ぶ1階の展示室

可愛い絵本の原画が並ぶ1階の展示室

噴水やオブジェのある庭

噴水やオブジェのある庭

1階からは庭に出ることができ、カエルの噴水やヘビ・てんとう虫のオブジェがある。貸し出しの絵本を持ってヘビの上で読むのも良し、子供と一緒に芝生の上でバッタや蝶を追いかけるのも良し。こんな姿を戸田幸四郎は望んいでいたのかなと思わず考えてしまう。2階に戻りミュージアムショップでは絵本やリングカード、積み木などを取り揃えている。絵本を3冊以上購入すると、戸田デザインの可愛いオリジナルトートバックが貰えるということで「ことばじてん絵本」「1から100までのえほん」「よみかた絵本」を選択。

最後は眺めの良いカフェで一休み。曇り空のため残念ながら海は綺麗に見えなかったが、アイスコーヒーとクッキーでまったりと過ごす。お腹が空いていればカレーやハヤシライスもある。こじんまりとした美術館ではあるが、一つ一つが丁寧で美しく絵本を通じて自然の中で遊ぶ・体感することの大切さも学べる素敵な場所。
海や景色を眺めながら寛げるカフェ

海や景色を眺めながら寛げるカフェ

戸田幸四郎絵本美術館/Koshiro Toda Picture Book Museum of Art

住所
〒413-0101  静岡県熱海市上多賀1055-30 < 地図を表示 >
Tel
0557-67-1107
設計
戸田幸四郎(日本)
公式サイト
戸田幸四郎絵本美術館

スポンサーリンク