プチリゾートで夏を満喫!沖縄「ホテル日航アリビラ」

プチリゾートで夏を満喫!沖縄「ホテル日航アリビラ」

沖縄県読谷村の国際級海洋リゾートホテル「ホテル日航アリビラ」は1994年6月に開業。沖縄本島でも屈指の透明度を誇る海が目の前に広がり、梅雨が明け天候にも恵まれプチリゾートを満喫。

那覇空港から車で1時間程の距離にあるホテル日航アリビラは、スペイン瓦とパティオ(中庭)でスパニッシュコロニアル風の建物で、沖縄の自然に溶け込み波の音を聞きながら優雅な一時を過ごせるリゾートホテル。“アリビラ”とはスペイン語で“くつろぎ”を意味する“ヴィラ(VILLA)”からの造語。施設は400近い客室に5つのレストラン、パターゴルフにテニスなどホテルだけで十分楽しめる。
プライベートビーチ「ニライビーチ」

プライベートビーチ「ニライビーチ」

潮が引いた時は広範囲に散歩ができる

潮が引いた時は広範囲に散歩ができる

1日の大半はガーデンプールで本を読み、眠ければ寝て暑さ凌ぎに海やプールで泳ぐ。そしてお腹が空いたらレストランへ。仕事の疲れが取れ、これが最高の贅沢で他には何もいらない。プライベートビーチ「ニライビーチ」は沖縄でも屈指の透明度を誇り、ウミガメが産卵に来るほど砂浜も綺麗。沖縄特有の遠浅な海は、1日2回繰り返す潮の満ち引きで表情を変える。干潮時に散歩をすると足元は掘削をしないで自然を残すためゴツゴツしているが、熱帯魚やカニなどの沢山の生き物に出会える。

日が傾けばホテル内のリラクゼーションプールへ。南国リゾートの雰囲気を存分に感じられる施設は、心も体もリラックスできる安らぎのスペースとなっている。水圧のネックシャワーやボディマッサージ、サウナまでと至れり尽くせりで、リラクゼーションマッサージは客室でも受けられる。
ラウンジ「アリアカラ」

ラウンジ「アリアカラ」

部屋から直接プールやビーチへ

部屋から直接プールやビーチへ

レストランは5つあり、地元の新鮮な食材を使用した琉球料理・中華・鉄板焼など長期滞在でも飽きないバリエーションが嬉しい。おすすめは広東料理をベースとした本格中華の「金紗沙」。ランチの「飲茶&中華バイキング」は蒸したての点心と12種のお茶が美味しい。ラウンジ「アリアカラ」は座席数も多く昼はカフェ、夜はバーになり穏やかな時間を過ごすことができる居心地の良い空間。

朝食は口コミランキングでも1位になったブラッスリー「ベルデマール」の洋食ビュッフェへ。評判通りの美味しさで、目の前で料理してくれるデミグラスソースのオムレツが絶品。アリビラは食事だけではなく全体的にスタッフの応対が丁寧で、心身共にリフレッシュできる素敵なホテル。大人の隠れ家とはいかないが、異国情緒溢れる空間は日常から解き放され楽園時間を満喫できる。
リゾートらしいスペイン風の建物

リゾートらしいスペイン風の建物

沖縄 ホテル日航アリビラ/HOTEL NIKKO ALIVILA

住所
〒904-0393 沖縄県中頭郡読谷村字儀間600 < 地図を表示 >
Tel
098-982-9111
公式サイト
ホテル日航アリビラ
関連記事
広大な海を超え太平洋の島々をつなぐ沖縄「海洋文化館」
甘く華やかな香りに包まれる沖縄「熱帯ドリームセンター」
沖縄の魅力を満喫!「ホテル オリオンモトブリゾート&スパ」
沖縄の美しい海をそのまま展示する「沖縄美ら海水族館」
プチリゾートで夏を満喫!沖縄「ホテル日航アリビラ」
14世紀に創建された琉球建築の傑作、沖縄「首里城」