直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品

直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品

ベネッセハウスの屋外には、直島と聞いてイメージする人が一番多いと思われる草間彌生の「南瓜」(黄色い水玉模様のかぼちゃ)をはじめ、魅力ある現代美術作品が立地を活かして展示されている。

島全体がアートスペースの直島に相応しく、ベネッセハウス(ミュージアム・オーバル・パーク・ビーチ)の施設をとりまく海岸線や林間に数多くの作品が点在している。直島のためだけに制作した作品(サイトスペシフィック・ワーク)も数点あり、全て写真撮影できるのが嬉しい。中には見落としてしまう場所にもあるため島を探検しているようなワクワク感が楽しく、美術館内で観る作品とは全く異なる魅力を纏っている。
草間彌生「南瓜」

草間彌生「南瓜」

ニキ・ド・サンファル「象」

ニキ・ド・サンファル「象」

パオやトレーラーハウスに和風コテージの宿「つつじ荘」からベネッセハウスへ繋がる砂浜は「琴反地海水浴場」。見えてきたのは直島のシンボルで草間彌生の作品「南瓜」(黄色いかぼちゃ)。個性的で強烈な水玉模様に、ぼってりとした可愛さから思わずハグを。ヘタは高松市の方向を示している。満潮時は波止場の上まで海水に浸り、かぼちゃが海に浮かんでいるようだった。余談だが、このかぼちゃは台風で流されて漁師に救出されたことがあるらしい…。最近は台風前には避難されるようで、皆からとても愛されている水玉かぼちゃ。

砂浜の後ろに広がる芝生広場には、カレル・アペルの「かえると猫」と、ニキ・ド・サンファルの「象」や「らくだ」などの作品が立ち並んでいる。色彩がとても鮮やかで、背中には鉢があり実用的で茶目っ気たっぷり。ガラスに反射する風景を楽しめるダン・グラハムの作品「平面によって2分割された円筒」もある。
ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ダン・グラハム「平面によって2分割された円筒」

ジョージ・リッキー「三枚の正方形」

ジョージ・リッキー「三枚の正方形」

ベネッセハウス ビーチを抜けてミュージアムへ続く道の途中には、ジョージ・リッキー「三枚の正方形」の作品がある。風を受けてゆらりと動いて、鉄の板に光が反射してとても綺麗。ベネッセハウスを紹介する時によく見かけるこの作品は、地面に水槽が埋め込まれ水の抵抗で動く仕組みになっている。海岸へ降りると大竹伸朗の作品「シップヤード・ワークス 船尾と穴」や「シップヤード・ワークス 切断された船首」がある。

この他にウォルター・デ・マリアや杉本博司などの作品もあるが、「南瓜」や「シップヤード・ワークス」を観ていると、作品が直島に流れ着いたように感じる。簡単に訪れることができない離島ということも一つの大きな要因だが、「島とアート」の組み合わせは思った以上に新鮮で素晴らしい体験を演出している。
大竹伸朗「シップヤード・ワークス 船尾と穴」

大竹伸朗「シップヤード・ワークス 船尾と穴」

ベネッセハウス 屋外作品/Benesse House Outdoors Work

住所
〒761-3110 香川県香川郡直島町琴弾地 < 地図を表示 >
Tel
087-892-3223
公式サイト
ベネッセハウスミュージアム
関連記事
直島はSANAA設計「海の駅 なおしま」がお出迎え
アートと過ごす至福の一時、直島「ベネッセハウス パーク」
安藤忠雄設計の直島「ベネッセハウス ミュージアム」
直島のシンボル「かぼちゃ」などのベネッセハウス屋外作品
直島の美しい景観に溶け込み光をつなぐ「地中美術館」
李禹煥の作品と静かに対峙できる、直島「李禹煥美術館」
棚田の一角に建つ、内藤礼と西沢立衛の「豊島美術館」
90年の時を経て廃墟を再生した「犬島精錬所美術館」
のどかな島の風景にアートが共存する犬島「家プロジェクト」
直島300年の歴史と記憶を継承する「家プロジェクト」

スポンサーリンク