甘く華やかな香りに包まれる沖縄「熱帯ドリームセンター」

甘く華やかな香りに包まれる沖縄「熱帯ドリームセンター」

沖縄海洋博公園内にある熱帯・亜熱帯の花や果樹を集めた「熱帯ドリームセンター」は1986年2月に開園。設計は沖縄の復興・開発促進として設けられた沖縄総合事務局の開発建設部と日本設計。

熱帯ドリームセンターは常時2,000株以上のランをはじめとした鮮やかな南国の花々が咲き、たわわに実る熱帯果実を展示している。園内は東南アジアの古代遺跡を思わせる建物や東シナ海を一望できる遠見台、アロワナやレッドテールキャットといった淡水熱帯魚も観察できるなど花・植物以外にも見どころ満載。ゆっくり園内を回りたい場合は音声ガイドやフラワーガイドツアーがどちらも無料でおすすめ。沖縄美ら海水族館のチケットか年間パスポートを提示すると入場料が半額になる。
温室へのアプローチ

温室へのアプローチ

ランや様々な植物に出会える

ランや様々な植物に出会える

美ら海水族館から遊覧車で10分ほどの距離にある熱帯ドリームセンターへ。チケット購入後、ショップのあるステンドホールを抜けると変葉木(クロトン)の庭があり、レンガの建物と合わせて異国情緒の雰囲気を漂わせる。最初の温室は胡蝶蘭で親しまれているファレノプシスが優美に咲き誇る。胡蝶蘭は花の大きさと丸くなるほど評価が高い。その後の温室もラン科のバンダ、カトレアと続き色や形も個性豊かで、アイスクリームに混ぜて香りを付ける「バニラ」もランの仲間ということに驚く。

果樹温室では大きなもので50kgにもなる世界最大の果実「パラミツ」など、珍しい熱帯果実を栽培。トロピカルフルーツを代表するマンゴーやビタミンCの王様、アセローラなど実になっているものを間近に見ることができる。温室の次は円の壁に囲まれた回廊で「星の王子さま」に出てくるパオパブなどサバンナの樹木がある。休憩はタコライスなど軽食もあるカフェ「スコール」で一休み。
遠見台から見渡す景色

遠見台から見渡す景色

アロワナの泳ぐ蓮池

アロワナの泳ぐ蓮池

クールダウンした後は高さ36mの遠見台から、園内や青い海の景色を楽しむ。遠見台は熱帯ドリームセンターのシンボルで、レンガ造りに螺旋状の階段はバベルの塔を彷彿させる。敷地内中央の温室や池には睡蓮や子どもが乗っても沈まない大きな葉のパラグアイオニバスなど湿性・水生植物も共存。オニバスには実際に乗って記念撮影ができるインベントもある。池には悠々と泳ぐアロワナの姿も。

さらに温室では淡水熱帯魚の水槽部屋があり、世界最大の淡水魚ピラルクーやレッドテールキャット(ナマズ)を見ることができる。アロワナとピラルクーは見た目が1億年もの間ほとんど変わっていないため“生きた化石”と呼ばれる古代魚で観賞魚としてとても人気がある。熱帯ドリームセンターはカーブが多く先の見えない導線が期待を高め、異国の雰囲気を歩いて楽しめる素敵な植物園。
温室で展示している淡水熱帯魚

温室で展示している淡水熱帯魚

熱帯ドリームセンター/Tropical Dream Center

住所
〒905-0206 沖縄県国頭郡本部町石川424 < 地図を表示 >
Tel
0980-48-3624
設計
沖縄総合事務局開発建設部(日本)+日本設計(日本)
公式サイト
熱帯ドリームセンター | 海洋博公園 Official Site
関連記事
広大な海を超え太平洋の島々をつなぐ沖縄「海洋文化館」
甘く華やかな香りに包まれる沖縄「熱帯ドリームセンター」
沖縄の魅力を満喫!「ホテル オリオンモトブリゾート&スパ」
沖縄の美しい海をそのまま展示する「沖縄美ら海水族館」
プチリゾートで夏を満喫!沖縄「ホテル日航アリビラ」
14世紀に創建された琉球建築の傑作、沖縄「首里城」